BLOG

ウォーキングブログ

急激な気温の低下が疲労を生む理由

最近、だいぶ気温が下がりました。

急激な温度変化は体温を奪います。

当たり前ですが、人間は哺乳類で体温を一定に保つように出来ています。

つまり、寒いと体温を産み出す、ということの活動量が多くなります。

身体の体温は、内臓や筋肉によって生み出されています。

そして、熱を生むにはカロリー消費が必ずされます。

実は、寒い時期の方が普段の生活で消費されるカロリーは多く痩せやすい季節です。

 

しかし、寒い時期に痩せられる(脂肪が減る)と、体温が保てないので

人は本能的にこの時期にたくさん食べて、寒い時期に向けて太りだします。

 

ただ、前述の通りカロリー消費が高い季節ということは

身体は燃焼を続けるので「疲れる」のです。

急激な寒さにあうと尚更です。

 

なんか、だらだら書きましたが(笑)

つまり、言いたいことは、

急激な気温の変化は体力を奪って疲れやすいので

気を付けて下さい!

という事でした!

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
  2. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  3. 【ウォーキング・競歩】寒い日に履く、アンダータイツにしたい一工夫…
  4. ウォーキング フォームは似て非なる、けどその根っこにある「基本」…
  5. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  6. 競歩で「分かりやすく」健康になる
  7. 75才女性で昨年よりハーフマラソンで10分記録を更新 パーソナル…
  8. 走ると、どうしても膝が痛くなる方へ 2017年に書いたブログ
<<
PAGE TOP