ブログ

急激な気温の低下が疲労を生む理由

最近、だいぶ気温が下がりました。

急激な温度変化は体温を奪います。

当たり前ですが、人間は哺乳類で体温を一定に保つように出来ています。

つまり、寒いと体温を産み出す、ということの活動量が多くなります。

身体の体温は、内臓や筋肉によって生み出されています。

そして、熱を生むにはカロリー消費が必ずされます。

実は、寒い時期の方が普段の生活で消費されるカロリーは多く痩せやすい季節です。

 

しかし、寒い時期に痩せられる(脂肪が減る)と、体温が保てないので

人は本能的にこの時期にたくさん食べて、寒い時期に向けて太りだします。

 

ただ、前述の通りカロリー消費が高い季節ということは

身体は燃焼を続けるので「疲れる」のです。

急激な寒さにあうと尚更です。

 

なんか、だらだら書きましたが(笑)

つまり、言いたいことは、

急激な気温の変化は体力を奪って疲れやすいので

気を付けて下さい!

という事でした!

 

Follow me!

関連記事

  1. ドーピングしてる人はいませんか?
  2. 2つのニュース 2人の選手
  3. 競歩は、簡単で難しい
  4. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  5. 口の中が…、梅雨空のごとく…
  6. ウォーキング、片麻痺の方でも楽しめる!10か月の軌跡
  7. 札幌で夏季オリンピック開催!?が濃厚 競歩・マラソンが東京を離れ…
  8. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
PAGE TOP