ブログ

急激な気温の低下が疲労を生む理由

最近、だいぶ気温が下がりました。

急激な温度変化は体温を奪います。

当たり前ですが、人間は哺乳類で体温を一定に保つように出来ています。

つまり、寒いと体温を産み出す、ということの活動量が多くなります。

身体の体温は、内臓や筋肉によって生み出されています。

そして、熱を生むにはカロリー消費が必ずされます。

実は、寒い時期の方が普段の生活で消費されるカロリーは多く痩せやすい季節です。

 

しかし、寒い時期に痩せられる(脂肪が減る)と、体温が保てないので

人は本能的にこの時期にたくさん食べて、寒い時期に向けて太りだします。

 

ただ、前述の通りカロリー消費が高い季節ということは

身体は燃焼を続けるので「疲れる」のです。

急激な寒さにあうと尚更です。

 

なんか、だらだら書きましたが(笑)

つまり、言いたいことは、

急激な気温の変化は体力を奪って疲れやすいので

気を付けて下さい!

という事でした!

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  2. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
  3. 動画付き講習会を受講された方からのメールを一部紹介します、ウォー…
  4. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  5. 講座 歩くことはスポーツだ!やって来ました。
  6. ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペース…
  7. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  8. 相撲と競歩のお話し
PAGE TOP
PAGE TOP