ブログ

何でも良いので「挑戦」してみる。

挑戦した者は、もうそこである意味、勝者です。

少なくとも挑戦をしなかった者よりか。

 

もちろん、挑戦してもうまくいかないことがほとんどでしょう。

痩せようと思ってウォーキングをしたが続かなかった

マラソンをしようとしたけど、ゴールできなかった

100kmウォークで完歩できなかった

目標のタイムに届かなかった。

 

もちろん挑戦をすることのレベル差はあれど

人が何かに挑戦する、ということはそれほど尊く意義のあることです。

 

1年前に比べると、講習会も参加が多くなり、パーソナルもメール通信も

受講される方が少しづつ増えてきました。

このHPを始めたのは明らかに「挑戦」でした

 

だから、「挑戦」しようと講習会に参加される方はやはりなんとか結果を出してほしいと

思わずにはいられませんでした。

 

今日の箱根駅伝予選会の結果のニュースをみながら

改めて「挑戦」するということを感じた日でした

 

Follow me!

関連記事

  1. 大阪での地震 心よりお見舞い申し上げます
  2. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  3. 福岡県・大分県・島根県の皆様、大雨警報くれぐれもご注意下さい
  4. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  5. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  6. 人生の中で「感無量」っと感じた経験は何回ありますか?
  7. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  8. ウォーキングしながら筋トレはできるの?
PAGE TOP
PAGE TOP