ブログ

1年の計は元旦にあり!

明けましておめでとうございます。

本年も「ウォーキングplus競歩」をよろしくお願いいたします

 

元旦といえば、我々競歩選手にとってすぐに思い浮かぶのは

元旦競歩。

私も現役時代はほとんど出てました。

 

1年の計は元旦にあり、ということで元旦競歩の結果がその年の競技結果を左右しそうで

どの大会よりも「失格」したくない大会でした。

競技者である以上は、年中行事はどこか他人事みたいなところがあります。

 

実は、実際に失格をしたこともあり、元旦から凹みましたが

その年の競技結果は悪かったか?、と言われれば

元旦の失敗から、フォームへの意識を高めることができ、結果的には良い1年になりました。

 

確かに「1年の計は元旦にあり」の意味も、元旦の出来事が1年の縮図にはならない

ということです。

良い元旦をお過ごしください!!!

「一年の計は元旦にあり」その意味は?前後にある言葉とは?

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーカーズ 本放送決定! 観るポイントは???
  2. おそらく3年ぶりに元旦競歩に行ってきました
  3. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  4. 寒い日は、なんだかウォーキングno調子が上がらない、という方へ
  5. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  6. 全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所
  7. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  8. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る② スピードが上手にウォ…
PAGE TOP