ブログ

1年の計は元旦にあり!

明けましておめでとうございます。

本年も「ウォーキングplus競歩」をよろしくお願いいたします

 

元旦といえば、我々競歩選手にとってすぐに思い浮かぶのは

元旦競歩。

私も現役時代はほとんど出てました。

 

1年の計は元旦にあり、ということで元旦競歩の結果がその年の競技結果を左右しそうで

どの大会よりも「失格」したくない大会でした。

競技者である以上は、年中行事はどこか他人事みたいなところがあります。

 

実は、実際に失格をしたこともあり、元旦から凹みましたが

その年の競技結果は悪かったか?、と言われれば

元旦の失敗から、フォームへの意識を高めることができ、結果的には良い1年になりました。

 

確かに「1年の計は元旦にあり」の意味も、元旦の出来事が1年の縮図にはならない

ということです。

良い元旦をお過ごしください!!!

「一年の計は元旦にあり」その意味は?前後にある言葉とは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
  2. 競歩のモーションキャプチャーから分かること①
  3. いざ!再びのロンドンへ
  4. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  5. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  6. ジャニーズとの戦いのきっかけは・・・
  7. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  8. スポニチフォーラム詳細は2月27日紙面にて(ただし東京版のみ、、…
PAGE TOP