ブログ

1年の計は元旦にあり!

明けましておめでとうございます。

本年も「ウォーキングplus競歩」をよろしくお願いいたします

 

元旦といえば、我々競歩選手にとってすぐに思い浮かぶのは

元旦競歩。

私も現役時代はほとんど出てました。

 

1年の計は元旦にあり、ということで元旦競歩の結果がその年の競技結果を左右しそうで

どの大会よりも「失格」したくない大会でした。

競技者である以上は、年中行事はどこか他人事みたいなところがあります。

 

実は、実際に失格をしたこともあり、元旦から凹みましたが

その年の競技結果は悪かったか?、と言われれば

元旦の失敗から、フォームへの意識を高めることができ、結果的には良い1年になりました。

 

確かに「1年の計は元旦にあり」の意味も、元旦の出来事が1年の縮図にはならない

ということです。

良い元旦をお過ごしください!!!

「一年の計は元旦にあり」その意味は?前後にある言葉とは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 正しいトレーニング、間違ったトレーニングの見分け方
  2. 膝痛でランを諦めようとしている皆さんへ
  3. 少人数!フォーム動画チェック! ウォーキング&競歩講習会in代々…
  4. 忙しく、充実した1日
  5. 東京五輪開催がもたらした、選手への影響
  6. ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切
  7. テン6ウォーキングは【競歩】のレースではありません!
  8. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
PAGE TOP
PAGE TOP