ブログ

ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります。では、その「姿勢」を作るために大切なポイントは?

姿勢を作るときに、一番大事なのは、
「膝を伸ばす」ではなく
「背筋を伸ばす」でもなく
「下を見ない」でもなく

【骨盤をしっかりと立てる】です。

もちろん、上記の3つがどれも大事ではない、という事ではありません。
大抵、骨盤を立てることが出来れば、上記の3つも上手くできます。
しかし、骨盤をしっかりと立てなければ、どれも綺麗に出来ません。

姿勢を作る=骨盤を立てる、これぐらいの感覚でよいでしょう

骨盤に上半身が載らないと、下半身に上半身の体重(重さ)が
うまく伝わりません。

体重を下半身に伝える、という意味でも骨盤を立てるのはとても大事です。
姿勢の要はまさに腰(骨盤)

要という文字がしっくりきます。

 

Follow me!

関連記事

  1. いよいよ、塩谷100kmウォークが明日開催。80km地点で参加者…
  2. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
  3. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  4. スポニチフォーラムにパネリストとして参加してきました!
  5. 免疫力UPの食事メニュー 日本陸連が選手向けに情報発信
  6. 膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります
  7. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  8. 東京オリンピックまでの、ウォーキングplus競歩 イベントライン…
PAGE TOP