ブログ

ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります。では、その「姿勢」を作るために大切なポイントは?

姿勢を作るときに、一番大事なのは、
「膝を伸ばす」ではなく
「背筋を伸ばす」でもなく
「下を見ない」でもなく

【骨盤をしっかりと立てる】です。

もちろん、上記の3つがどれも大事ではない、という事ではありません。
大抵、骨盤を立てることが出来れば、上記の3つも上手くできます。
しかし、骨盤をしっかりと立てなければ、どれも綺麗に出来ません。

姿勢を作る=骨盤を立てる、これぐらいの感覚でよいでしょう

骨盤に上半身が載らないと、下半身に上半身の体重(重さ)が
うまく伝わりません。

体重を下半身に伝える、という意味でも骨盤を立てるのはとても大事です。
姿勢の要はまさに腰(骨盤)

要という文字がしっくりきます。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で 膝を伸ばす方が良い理由と、気を付け方
  2. 無事に放送されました!
  3. 酷暑の五輪 選手の想いを叶えてあげたいこと
  4. 【レポート】座学ウォーキング講習会 全3回 無事に終了
  5. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  6. スピードを出すためには、まずは己の欲望に勝つ!!
  7. ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?
  8. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
PAGE TOP