ブログ

東京エクストリームウォークのコース、歩いてきました! ずっと雨で寒かった。。。

雨が降りしきる中、大磯から戸塚まで

のんびりと東京エクストリームウォークのコースを歩いてきました。

 

道中はずっと雨。。。

 

雨の中でのウォークの疲労感は、晴れの日の倍以上は感じられます。

 

今回、しおや100㎞ウォークのトップゴールされた今井さんと一緒にコースをウォーキングしてきました。

今井さんはスタート地点の小田原のその先、芦ノ湖から小田原経由で合流

私は、仕事が次の日、朝早くからあったので終電まで行けるところまで!で戸塚になりました。

 

私がウォーキングしたのは30㎞ほど、

今井はさんはなんとゴール(東京エクストリームウォークコース)までウォーキングしたので、120㎞ほど。

 

今回のこのコース大きく分けると、3つのエリア。

海岸沿い、市街地、都心。

この3つのエリアをどうウォーキングするか?がコース攻略の課題です。

 

ちなみに、私が歩いたのは、上記で言うと海外沿いの後半と、市街地の前半です。

雨ではありましたが、一応オフィシャルHPを確認しつつウォーキングしてきました。

海沿い、134号線は歩きやすい歩道が続きます。

道幅は決して広くは無いですが、車道と完全に分離されているので

横で車は飛ばしている恐怖感はありますが、集中してウォーキングできるでしょう

 

そして、問題は「しおさいの森」からビーチ沿いの歩道をウォーキングするのですが

途中からその歩道が完全に砂に埋まっている場所があります。

長い場所だと500m以上は砂の上をウォーキングしないといけない感じ。

そして、砂で歩道も極端に狭くなっているところも多々あります。

道を間違えたかな?っとHPで確認するも、江ノ島までは明らかにビーチ沿い。

当日までに砂を除去するのか?コースを変えるのか?そのままか?

なんとも分かりませんが、ここは無理をしないでのんびりウォークしたいところです。

 

ようやく、江ノ島に入り市街地へ

歩道と車道に柵がちゃんとないので、安全には気を使います。

しかも、我々がウォーキングしたときは雨が降っていたので

余計に気を使いました。

コース幅も狭くなり、歩道に車が横切れるように段差を小さくしている部分が出てくるので

歩道に地味に疲れるアップダウンが多々出てきます。

そして、藤澤駅を超えてくると箱根駅伝で出てくる「遊行寺の坂」

ダラダラと上り続けます。

上り切っても、そこから先の歩道のアップダウンがかなり大きくなります。

車道はもちろん安全管理上ウォーキングするのは決してしない方が良いので

当然、歩道をウォーキングするのですが前述の通りアップダウンを覚悟してください。

 

ここで、風が出始めて、雨も止まない。。。

寒さに震えながら「戸塚駅」を目指します。

 

「十の区アジサイ公園」を過ぎた辺りから、風が止まったせいか

少し暖かさを感じるようになり、おそらく気温差は1度くらいしか変わらないと思いますが

元気を取り戻しました。

ただ、コースとしては市街地ならでは狭さがあります。

通行人ともすれ違うことも駅が近くなれば多くなるので、ぜひ譲り合いの精神で歩きたいエリアです。

 

さて、私はここ「戸塚駅」でタイムアップとなり

東京エクストリームウォークのコースウォーキング終了。

 

全体的には、なかなか難しいコースだな、っという印象です。

砂浜を歩く、というのが前半に出てくる予定です。

初心者の方も、ベテランウォーカーの方もこのエリアで「平常心」で

いるのが大切だなぁ、っと思いました。

砂浜になったら、いろいろと考えずにのんびり歩いてやり過ごす

それぐらいでちょうど良いと思います。

 

制限時間に遅れるかもしれない!ペースを守らないと、!とか思わず

なんでこんなコース設定にしたんだ!っと腹も立てず(笑)

 

おそらく上記がこのコース全体のコース攻略のカギかもしれません。

 

とはいえ、私は100kmフルにはウォーキングしていないので

最後までウォーキングされた、今井さんにコースの印象をお伺いしました。

(次のblogにてご紹介します!)

 

今井さんとは、対談をしながらウォークしましたので

普通に趣味でウォーキングされている方も(100㎞なんて無理~って思ってる方(笑))

競歩競技者も

ちょっと100㎞ウォークに挑戦したいと思っている方も

ランでウルトラに挑戦されている方も

ランからウォークに挑戦したい!という方も

多くの方に、興味深く読んでもらえる対談かなぁ、っと思っていますので

楽しみにしていて下さい。

近日中にアップします!

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォークでトップを歩くと絶対に道に迷わない理由…
  2. 選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽し…
  3. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  4. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  5. 競歩 の 歩き方③
  6. ウォーキングで上手に地面を蹴るために知っておきたいこと
  7. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  8. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
PAGE TOP