ブログ

世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔いのないレースを!野田 明宏選手

世界陸上ドーハ大会 50㎞競歩に出場する野田選手は

昨年開催された全日本競歩高畠大会で、当時の日本記録を樹立して代表を決めました。

https://www.jaaf.or.jp/news/article/12214/?player=31

その時のレースは終始先頭を歩き、周りのことは全くかまわず

落ち着いたレース展開で押し切りました。

通常は、距離が長いとペースメーカーをうまく作って、

相手の力を利用しながらレースを進めて、後半に力を貯めるもの。

特にこの大会はタイムもそうですが、順位も代表選考会だからこそ重要

どんなに良いタイムでも、誰かに負けては代表にはなれません。

ですが、野田選手はほぼ独りで歩き切りました。

当時の日本記録でゴールでしたが、実際はタイム以上に強い勝ち方だったと思います。

 

しかし、世界陸上はそうはいきません。

しかも暑さもあるので、遅いペースで全体が進みます。

彼のフォームはある程度、速い方が良いフォームになる傾向があります。

遅いと失格のリスクがある、しかし速いと暑さでスタミナがもたない可能性も出てくる。。。

 

しかし、どんなレースでも対応できる力は必要になってきます。

野田選手にとってどんな結果であろうとも、きっと大きく成長させてくれるであろう大会に

この世界陸上ドーハ大会はなると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  2. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  3. 夏のウォーキングトレーニングで、給水以外に必須なもの
  4. レポート ナイトウォーク 東京タワーtoスカイツリー 2017年…
  5. 少人数制動画付き講習会が好評な理由は・・・
  6. 福岡 大濠公園で8月30・31日、パーソナルウォーキング受付けま…
  7. ウォーキングで足の裏の「土踏まず」が痛くなる方へ
  8. 塩谷100kmウォークと日本選手権50kmの違い、とは。
PAGE TOP