BLOG

ウォーキングブログ

世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔いのないレースを!野田 明宏選手

世界陸上ドーハ大会 50㎞競歩に出場する野田選手は

昨年開催された全日本競歩高畠大会で、当時の日本記録を樹立して代表を決めました。

https://www.jaaf.or.jp/news/article/12214/?player=31

その時のレースは終始先頭を歩き、周りのことは全くかまわず

落ち着いたレース展開で押し切りました。

通常は、距離が長いとペースメーカーをうまく作って、

相手の力を利用しながらレースを進めて、後半に力を貯めるもの。

特にこの大会はタイムもそうですが、順位も代表選考会だからこそ重要

どんなに良いタイムでも、誰かに負けては代表にはなれません。

ですが、野田選手はほぼ独りで歩き切りました。

当時の日本記録でゴールでしたが、実際はタイム以上に強い勝ち方だったと思います。

 

しかし、世界陸上はそうはいきません。

しかも暑さもあるので、遅いペースで全体が進みます。

彼のフォームはある程度、速い方が良いフォームになる傾向があります。

遅いと失格のリスクがある、しかし速いと暑さでスタミナがもたない可能性も出てくる。。。

 

しかし、どんなレースでも対応できる力は必要になってきます。

野田選手にとってどんな結果であろうとも、きっと大きく成長させてくれるであろう大会に

この世界陸上ドーハ大会はなると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 【講習会参加者の声】ウォーキング講習会in浦和
  2. 女性ランナーで「ランで膝が痛くなる方」が、ウォーキングからフォー…
  3. 熱中症対策はお早めに。2022年版 暑さ対策
  4. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  5. ウォーキングを始めようとする人が、意識したい下半身の身体を動かす…
  6. 東京五輪 競歩開催まで残り1か月
  7. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  8. 小江戸大江戸200㎞、挑戦お疲れさまでした。
<<
PAGE TOP