ブログ

ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォームに問題

ウォーキングをしていて、身体に痛い場所が出る

というのは、確実に身体の使い方が良くないです。

 

跳び上がるランニングや、かなりのスピードを出す競歩なら

身体が痛くなることもあるでしょう

 

ですがウォーキングで痛みが出るのは、かなりの「無理無駄」が多いフォームと言えます

 

ジャンプしていないのに「膝が痛くなる」

普通に歩いているだけなのに「腰が痛くなる」

腕をふっているだけなのに「肩が凝る」

 

これは、体型とか体重の問題ではなく

確実にフォーム要因が大きいです。

 

痛い場所がでる、という方は早急に自分のフォームを見直しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  2. 40代 女性 前十字靭帯断裂 変形性膝関節症もトライアスロン完走…
  3. 初心者ウォーカーも ベテランウォーカーも 疾患のある方も、冬のウ…
  4. 世界最高記録(非公認)10000m競歩 37分25秒 高橋選手が…
  5. 東京エクストリームウォーク&ぐんま100㎞ウォーク 明日スタート…
  6. 皇居ウォーク2周 10㎞してきました、そのペース&データ詳細は。…
  7. メール通信・パーソナルを受講されてる皆さんの、結果一例
  8. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 東北を北上中!
PAGE TOP
PAGE TOP