ブログ

ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォームに問題

ウォーキングをしていて、身体に痛い場所が出る

というのは、確実に身体の使い方が良くないです。

 

跳び上がるランニングや、かなりのスピードを出す競歩なら

身体が痛くなることもあるでしょう

 

ですがウォーキングで痛みが出るのは、かなりの「無理無駄」が多いフォームと言えます

 

ジャンプしていないのに「膝が痛くなる」

普通に歩いているだけなのに「腰が痛くなる」

腕をふっているだけなのに「肩が凝る」

 

これは、体型とか体重の問題ではなく

確実にフォーム要因が大きいです。

 

痛い場所がでる、という方は早急に自分のフォームを見直しましょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩でフォームをスムーズにするために、意識した…
  2. 今井さんの報告会を終えて、、、570㎞を歩くということ
  3. 福岡での講習会無事終了!
  4. 夢へ、一歩一歩
  5. ウォーキングシューズの上手な選び方 2022年6月版
  6. #100kmウォーキングを食べる どうカロリー補給をするか? リ…
  7. 運動初心者が 痩せるなら ウォーキング? ランニング?
  8. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
PAGE TOP
PAGE TOP