BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォームに問題

ウォーキングをしていて、身体に痛い場所が出る

というのは、確実に身体の使い方が良くないです。

 

跳び上がるランニングや、かなりのスピードを出す競歩なら

身体が痛くなることもあるでしょう

 

ですがウォーキングで痛みが出るのは、かなりの「無理無駄」が多いフォームと言えます

 

ジャンプしていないのに「膝が痛くなる」

普通に歩いているだけなのに「腰が痛くなる」

腕をふっているだけなのに「肩が凝る」

 

これは、体型とか体重の問題ではなく

確実にフォーム要因が大きいです。

 

痛い場所がでる、という方は早急に自分のフォームを見直しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 多くの人に聞いて欲しい、サッカー五輪代表 吉田選手の言葉
  2. フォーム重視で歩いてみた、東京エクストリームウォーク42.195…
  3. 動画付き競歩講習会in大阪 2020年2月
  4. 2022年 最後のブログ スポーツと社会をつなげていきたい
  5. 東京エクストリームウォーク42.195km ハーフを試し歩き!
  6. 競歩式最強ウォーキング廉価版について 在庫がわずかになってきまし…
  7. Eテレで紹介されたウォーキング講習会やります!
  8. 【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘…
<<
PAGE TOP