ブログ

ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォームに問題

ウォーキングをしていて、身体に痛い場所が出る

というのは、確実に身体の使い方が良くないです。

 

跳び上がるランニングや、かなりのスピードを出す競歩なら

身体が痛くなることもあるでしょう

 

ですがmウォーキングで痛みが出るのは、かなりの「無理無駄」が多いフォームと言えます

 

ジャンプしていないのに「膝が痛くなる」

普通に歩いているだけなのに「腰が痛くなる」

腕をふっているだけなのに「肩が凝る」

 

これは、体型とか体重の問題ではなく

確実にフォーム要因が大きいです。

 

痛い場所がでる、という方は早急に自分のフォームを見直しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 明日、グッドモーニング(テレビ朝日系朝番組)にてコメントします!…
  2. 大阪で 競歩(ウォーキングも可)講習会を開催します!
  3. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  4. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  5. ウォーカーズ 本放送決定! 観るポイントは???
  6. まったく参考にならないマラソンでサブ3するためのメニュー
  7. 日本人が日本人を批判する、矛盾
  8. 半月内側断裂でも、競歩なら膝への負担も少なく、速く歩くことも、ラ…
PAGE TOP
PAGE TOP