ブログ

世界はTOKYOを目指す、に想う

世界はTOKYOを目指す、は個人的には「懐かしさ」

がありました。

1997年ぐらいから年2回ぐらいは毎年メキシコで合宿をしていました。

 

中南米は競歩は盛んで、メキシコはエクアドル以上にメダリストを輩出し

雑誌の表紙を選手が飾り、メダリストは大臣になったりもしてました

つまり、エクアドルのように貧しい子供たちの憧れのスポーツの1つなのです。

 

当時は大小いくつかの競歩のナショナルチームがあり

チーム間での選手の移動も普通におこなわれていました。

そして何よりも、選手たちは競歩に「夢」を抱いていました。

 

日本のように豊かではないからこその

遠回りする部分はあると思いますが、

「夢」をもってスポーツをする姿の尊さを感じました。

 

国の豊かさがスポーツ競技力に比例する時代になってきた今、

難しさはあると思いますが、東京(札幌)でエクアドルの選手を

ぜひ、皆さんにも応援してほしいと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
  2. 2つのニュース 2人の選手
  3. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
  4. コース選択が足首・ふくらはぎにダメージを及ぼすことも
  5. 競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!
  6. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  7. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 新たに手にした武器と共にメダ…
  8. 塩谷にて講習会をしてきました!
PAGE TOP