ブログ

世界はTOKYOを目指す、に想う

世界はTOKYOを目指す、は個人的には「懐かしさ」

がありました。

1997年ぐらいから年2回ぐらいは毎年メキシコで合宿をしていました。

 

中南米は競歩は盛んで、メキシコはエクアドル以上にメダリストを輩出し

雑誌の表紙を選手が飾り、メダリストは大臣になったりもしてました

つまり、エクアドルのように貧しい子供たちの憧れのスポーツの1つなのです。

 

当時は大小いくつかの競歩のナショナルチームがあり

チーム間での選手の移動も普通におこなわれていました。

そして何よりも、選手たちは競歩に「夢」を抱いていました。

 

日本のように豊かではないからこその

遠回りする部分はあると思いますが、

「夢」をもってスポーツをする姿の尊さを感じました。

 

国の豊かさがスポーツ競技力に比例する時代になってきた今、

難しさはあると思いますが、東京(札幌)でエクアドルの選手を

ぜひ、皆さんにも応援してほしいと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 名古屋ウィメンズマラソンで12月ランニング禁止から初マラソン3時…
  2. 骨盤で衝撃を吸収し身体を「くの字」に曲げる、「勝利の条件」で紹介…
  3. 40代女性 膝痛に悩まされるも初マラソンでサブ3.5を狙える!
  4. Garmin(ガーミン) ランニングダイナミクスポッドを活用する…
  5. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  6. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  7. ウォーキングがパーキンソン病の方(68才・女性)に水泳も可能にし…
  8. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
PAGE TOP