ブログ

世界はTOKYOを目指す、に想う

世界はTOKYOを目指す、は個人的には「懐かしさ」

がありました。

1997年ぐらいから年2回ぐらいは毎年メキシコで合宿をしていました。

 

中南米は競歩は盛んで、メキシコはエクアドル以上にメダリストを輩出し

雑誌の表紙を選手が飾り、メダリストは大臣になったりもしてました

つまり、エクアドルのように貧しい子供たちの憧れのスポーツの1つなのです。

 

当時は大小いくつかの競歩のナショナルチームがあり

チーム間での選手の移動も普通におこなわれていました。

そして何よりも、選手たちは競歩に「夢」を抱いていました。

 

日本のように豊かではないからこその

遠回りする部分はあると思いますが、

「夢」をもってスポーツをする姿の尊さを感じました。

 

国の豊かさがスポーツ競技力に比例する時代になってきた今、

難しさはあると思いますが、東京(札幌)でエクアドルの選手を

ぜひ、皆さんにも応援してほしいと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 金メダリストって、どんな人だと思いますか?
  2. ウォーキングのスピードを即答でアドバイスする人を疑った方が良い理…
  3. 勝利至上主義の本質ってなんだろう。。。
  4. 少人数制動画付き講習会が好評な理由は・・・
  5. 令和初日は東京エクストリームウォーク コースを雨の中、対談しなが…
  6. 理学療法とスポーツの融合 前編
  7. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
  8. ウォーキングのときに、おすすめの道の色
PAGE TOP