ブログ

世界はTOKYOを目指す、に想う

世界はTOKYOを目指す、は個人的には「懐かしさ」

がありました。

1997年ぐらいから年2回ぐらいは毎年メキシコで合宿をしていました。

 

中南米は競歩は盛んで、メキシコはエクアドル以上にメダリストを輩出し

雑誌の表紙を選手が飾り、メダリストは大臣になったりもしてました

つまり、エクアドルのように貧しい子供たちの憧れのスポーツの1つなのです。

 

当時は大小いくつかの競歩のナショナルチームがあり

チーム間での選手の移動も普通におこなわれていました。

そして何よりも、選手たちは競歩に「夢」を抱いていました。

 

日本のように豊かではないからこその

遠回りする部分はあると思いますが、

「夢」をもってスポーツをする姿の尊さを感じました。

 

国の豊かさがスポーツ競技力に比例する時代になってきた今、

難しさはあると思いますが、東京(札幌)でエクアドルの選手を

ぜひ、皆さんにも応援してほしいと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります
  2. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ②
  3. ウォーカーズで学ぶ、楽なウォーキング 観るべきポイントは?
  4. 「言葉のストック」を持って パーソナルトレーナーをしています!
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅④ 北海道、一番大変だったことは。。…
  6. ウォーキングで、速く歩くために、速く歩こうとしない
  7. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  8. 74才(女性)でも前年よりトレランでタイムを縮められた秘密は安鎮…
PAGE TOP