BLOG

ウォーキングブログ

50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは?

来年となった東京五輪で、日本勢の強力なライバルとなる

ヨハン・ディニズ選手の動画です。

2017年世界陸上ロンドン大会で圧勝したときの動画です

https://youtu.be/w9W1MDoEm8w

 

この動画の2:42’49くらい

ディニズ選手の腕振りがよく分かります

実は彼が2014年に3時間32分33秒という50㎞競歩の世界記録を打ち立てたときより

腕振りを抱えています。

 

よりコンパクトにして身体のブレを抑えています

実際に、正面からの動画は左右のブレがほとんどないのが分かります。

腕振りを変えたのには理由があります

2012年ロンドン五輪失格 2016年リオ五輪8位

どうしても大きな大会で結果を残せませんでした。

 

速さでなく、より勝てるフォームにする必要があった

そのために腕振りをコンパクトにしてブレをなくし

効率的なフォームに変えてきました。

 

その甲斐あって、2017年ロンドン世界陸上の圧勝につなげました

腕振りを変えたこと、それが彼を金メダルに導いたといってよいでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  2. 【座学】ウォーキング&九州階催講習会 参加希望の方はお早めに!!…
  3. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  4. ウォーキングがパーキンソン病の方(68才・女性)に水泳も可能にし…
  5. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  6. クマの古道を歩く
  7. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  8. 行橋別府100㎞の1週間前の日曜日が雨で困っている方へ
<<
PAGE TOP