ブログ

50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは?

来年となった東京五輪で、日本勢の強力なライバルとなる

ヨハン・ディニズ選手の動画です。

2017年世界陸上ロンドン大会で圧勝したときの動画です

https://youtu.be/w9W1MDoEm8w

 

この動画の2:42’49くらい

ディニズ選手の腕振りがよく分かります

実は彼が2014年に3時間32分33秒という50㎞競歩の世界記録を打ち立てたときより

腕振りを抱えています。

 

よりコンパクトにして身体のブレを抑えています

実際に、正面からの動画は左右のブレがほとんどないのが分かります。

腕振りを変えたのには理由があります

2012年ロンドン五輪失格 2016年リオ五輪8位

どうしても大きな大会で結果を残せませんでした。

 

速さでなく、より勝てるフォームにする必要があった

そのために腕振りをコンパクトにしてブレをなくし

効率的なフォームに変えてきました。

 

その甲斐あって、2017年ロンドン世界陸上の圧勝につなげました

腕振りを変えたこと、それが彼を金メダルに導いたといってよいでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 夏のウォーキングトレーニングで、給水以外に必須なもの
  2. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
  3. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ①
  4. 選手ファースト、って。。。偉い人が言うほど現実と乖離すような。。…
  5. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  6. 福岡県・大分県・島根県の皆様、大雨警報くれぐれもご注意下さい
  7. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  8. つま先を上げる と かかと着地の違い
PAGE TOP