ブログ

フォームを良くしても、上限なく速くなれる訳ではありません

フォームを効率化する!

っということは無限に速くなることではありません。

 

その方が持っているフィジカルな部分を最大限に活かせるようにする

っということです。

 

車に例えれば、フェラーリのエンジンを積んでいても

空気抵抗が大きいワンボックスカーが車体だと速く走れません

駆動系やタイヤも、エンジンの出力を最大限に発揮ができるものにしてあげないといけないのです。

それと車体が重すぎるとスピードが出せても燃費は悪くなります

 

フォームの効率を上げていっても、最終的にはフィジカルな部分も

強くしていかないとレベルアップはしていきません。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 を知ってもらうための中国の取組では、審判がバイクのサイドカ…
  2. ウォーキングで長い距離に挑戦したくなる必然
  3. 雪でウォーキングは出来ない…という皆さんおススメのトレーニング
  4. パーソナル受講者の ヒップアップ が ウォーキングで可能になった…
  5. 50㎞競歩日本記録更新! 日本記録を更新する難しさ。そんな中、学…
  6. 変形膝関節症 内側に曲がっても、ウォーキングは出来ます!60代女…
  7. 早速、感想のメールを頂きました!WEB講習会 心拍数を活用したト…
  8. 東京五輪、延期の風が吹いてきた。。。 年内?1年後?2年後?
PAGE TOP