ブログ

フォームを良くしても、上限なく速くなれる訳ではありません

フォームを効率化する!

っということは無限に速くなることではありません。

 

その方が持っているフィジカルな部分を最大限に活かせるようにする

っということです。

 

車に例えれば、フェラーリのエンジンを積んでいても

空気抵抗が大きいワンボックスカーが車体だと速く走れません

駆動系やタイヤも、エンジンの出力を最大限に発揮ができるものにしてあげないといけないのです。

それと車体が重すぎるとスピードが出せても燃費は悪くなります

 

フォームの効率を上げていっても、最終的にはフィジカルな部分も

強くしていかないとレベルアップはしていきません。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ボッチャ 杉村選手、金メダル、おめでとうございます!!!
  2. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  3. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  4. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  5. 簡単 競歩の歩き方 まずやってみたいのは「お尻も足だと思って歩く…
  6. UWTT2021スタート!
  7. ウォーキングでダイエットをするために、大切な事
  8. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
PAGE TOP
PAGE TOP