BLOG

ウォーキングブログ

ビルドアップウォークは楽しい!?

昨夜はビルドアップウォークにご参加の皆様、

あしがとうございました!!!

 

一定のペースを維持するのでは無く、徐々にペースを上げていく

実は、ペースメーカーとしてはちょっと難しいのです。

携帯のアプリでスピードを確認しながらでしたが、

徐々に上げていくはなかなか難しいのですが、まだ選手としてのカンみたいなものは

しっかりと残ってくれたようでした(笑)

データでみても、ちゃんと時速1㎞づつぐらいでスピード上がっているのが良くわかります。

 

最初の時速4.89㎞は遅くて苦労しました。

1㎞毎にスピードアップだったのですが、なかなか次の1㎞まで「遅すぎて」たどり着けませんでした(笑)

そこからは、リズムよくペースが上がります。

 

参加している皆さんを見ていると、4㎞地点前後

つまり、時速7㎞を超えた辺りからフォームの崩れ、つまり力任せでウォーキングしてしまう

という動作になってしまうようです。

 

そして、脛の筋肉が張り始めるのこのころです。

スピードを出すと、ピッチ(回転数)が上がります。

つまり、足を動かす回数が増えます。そうなると、つま先が上がる頻度も高くなるので

脛が張り始めます。

 

ビルドアップ(徐々にスピードを上げる)だと、いきなり心拍数が上がる訳ではないので

徐々に身体も温まり、スピードにも慣れていくのでMAXのスピードまで出せます。

 

個人的には久々に時速15㎞まで行きたかったのですが、ペースメーカーが

自分の欲求に囚われる訳にはいきませんので自嘲しました(笑)

短い距離(5㎞~20㎞)を得意としていたので、スピードを出すのは楽しかったです。

 

とはいえ、時速10㎞くらいだと競歩の世界ではスピードを出したとまでは言えませんが…

 

ビルドアップなのでウォーキングが遅いという方も、最初から離れることにはなりませんので

ぜひ、機会があれば参加してみて下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  2. 慢性的な痛み、との付き合い方
  3. ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的
  4. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  5. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  8. 陸王に想う ② そもそも…
<<
PAGE TOP