ブログ

【60代女性】歩けなかったとき観察していた他人のウォーキングフォーム、時速8㎞でウォーキングできるようになって変化した他人のウォーキングフォーム観察ポイントとは?

変形膝関節症を患い、ほぼ歩けなくなった時に

「ほかの人はどうやって歩いているんだろう」っと

いつも観察していたのは、

【前に出す脚】

 

脚を前に出すことがままならず、

歩くことは「脚を前に出すこと」っと考えて

待ち行く人の歩く姿を見ては、

どうやって脚を出しているのか?

このことを観察していたそうです。

 

トレーニングを積んで、少しづつ速く歩けるようになってきて

時速8㎞で歩けるようになってくると

【どうやって、脚を後ろに蹴りだす(押し出す)んだろう】

っというのが気になってきたそうです。

 

歩くという事のポイントは、

脚を前に出すことでは無く、後方へ蹴りだす方の脚が重要

っということが分かってきたからこその「視点の変化」でしょう。

 

速く歩こうと思って、脚を前に大きく踏み出そうとする

私自身も考えたことはありません。

 

おそらく、「楽に速く歩く」をしようと思ったときに

脚を前に出すことを意識していると難しいかもしれません

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
  2. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  3. 世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!
  4. 行橋別府100㎞、新型コロナウィルス感染拡大防止のための中止を早…
  5. 選手ができること、皆さんができること
  6. 無料WEB講習会 心拍数を知って、トレーニングに活かそう!
  7. 実は試合に出る選手と初心者では、技術的に大きな差は無い、という気…
  8. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
PAGE TOP
PAGE TOP