ブログ

運動生理学者の嘆き

職業柄、トレーニングの情報には敏感になります

 

たまに「トレーニングの常識が覆された!」とか

センセーショナルな言葉が踊り

「これがトレーニング・ダイエットの新常識!」

という言葉も散見されますが

 

実際に、そのトレーニングが常識を覆してなく

新常識でもあるません

 

そりゃそうです。

今までの運動生理学の研究者達だって

論文として発表している訳で、

そこには科学的証拠、いわゆるエビデンスがある訳です。

 

ある某有名国立大学の教授が仰っていました。

今までの研究結果と反対の研究をして、症例がすくなくても

それを論文とする風潮がある。

常識の反対は新発見となり話題性になるからだ

しかし、本来の科学は深掘ることにある。そうでない風潮が嘆かわしい

そんな趣旨のことを仰ってました。

 

SNS上で謳う、広告文句にくれぐれも踊らされないようにして下さい

着用するだけでどうにかなるなら、日本代表選手は全員してます。

飲むだけでどうにかなるなら、全員ドーピング違反です

 

当たり前のことを当たり前のようにし続ける

それが、何事にもゴールに導く一番の近道なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 樋熊 敬史スタートしました
  2. メール通信トレーニングの始めた理由
  3. 心拍数は自分のラン・ウォーキングの技術が向上したかが分かる指標
  4. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説② 【腕振りが身…
  5. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  6. 金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川…
  7. 74才女性でも! ハーフマラソンで2時間43分39秒でゴール!
  8. 速く歩く一番シンプルな方法
PAGE TOP