ブログ

速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の部位

世界陸上が始まりました。

TVで観戦している方も多くいると思います。

ウォーキングで速くなりたい、と考えている人に

ぜひ、出場している選手の身体で見て欲しい部位があります。

 

それは、「ふくらはぎ」

短距離の選手も、長距離の選手も決して太くはありません。

つまり、強く地面を蹴る、ということをしていないのです。

 

つま先で地面を蹴ると、力を使っているので

速く進んでいる気がします。

 

もし、地面を強く蹴れば蹴るほど速く進めるのであれば、

世界陸上に出るような選手たちの「ふくらはぎ」は

もっと太くて良いはずです。

「走る」という、前にジャンプする動作ですら、「ふくらはぎ」が太くなっていないのです

 

速くウォーキングしたい、速く走りたいという方に

ぜひ、知って欲しいと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 4大会連続5回目の世界陸上ロンドン 決定
  2. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  3. ランウェイを競歩で歩け! ミラノコレクション
  4. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  5. ランとウォーキング 手越君との競争から
  6. 16回テン6ウォーク無事に終了!
  7. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説② 【腕振りが身…
  8. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
PAGE TOP