ブログ

ウォーキング 競歩をすると、「脛(すね)」が痛くなる方へ

リライト版です

競歩をすると脛が痛くなる!

っという方は多いです。

ほとんどの方がなると言って良いでしょう

 

では、なぜ脛がいたくなるのでしょうか?

痛くなるのは脛の前脛骨筋という薄い筋肉が「張る」からです。

 

いろいろな理由で脛が張ります。

・つま先を強く上げ過ぎる

これは動作として前脛骨筋や長趾伸筋を使う頻度が多いからです

・着地のポイントが前過ぎる

前脛骨筋がエキセントリックな筋発揮をしてブレーキを掛けるの負荷が大きすぎるからです

・ハムストリングスの緊張が強い。

柔軟にモモ裏の筋群が動いてくれないと、振り出しの動作がスムーズに出来ません

・シューズのかかとが柔らかすぎる

着地のポイントが前過ぎると同じですね。脛で着地の衝撃を受け止めやすくなるからです。

脛が張る!という方は、どれか1つに心当たりがあるはず

1つ1つの要因を除外していってみて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. 短い距離をダッシュする方が楽に速く歩け、それよりも長い距離の方が…
  2. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説② 【腕振りが身…
  3. 速く歩く、ために、使いたい場所・鍛えたい場所
  4. ウォーキングされる方が、競歩の講習会に求められているもの
  5. 地面に逃げられていませんか? ちゃんと地面を掴まえることが出来て…
  6. メール通信でも・身長150㎝でも・40㎞を時速7㎞平均でゴールで…
  7. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
  8. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
PAGE TOP
PAGE TOP