ブログ

【速く歩くためにどうするか?】 【ランニングっぽくならないためにどうするか?】の答え

ウォーキングで「速く」を追求すると

どうしても「フォーム」という課題にぶち当たるはずです。

その課題は大きく2つでしょう

 

【速く歩くためにどうするか?】

【ランニングっぽくならないためにどうするか?】

という課題の2点。

 

最初の「速く歩くためにー」を意識して

歩く、っという前提を忘れてしまいランニングっぽくなってしまう

という方は多いです。

 

そうなると、必然的に「歩いている」ということの定義づけが必要になります

 

自分自身や仲間内で決められるものでは当然ありません。

国際的な団体で、しっかりとその定義づけをして

しかも判定する審判まで存在し、育成させているのは

国際陸上競技連盟(World Athletics、通称WAです。

 

競歩という競技の「強み」はまさしくそこにあると思います。

1908年に五輪種目として採用され100年以上多少のルール改変はあれど

歩く、走る、を管理運営してきました。

 

もし、皆さんが走ると歩くの境目のギリギリのところどこだろう!

っと「歩く速さ」を追求していったときに

競歩を基準にするのは、一番理論立てて世界的にも歴史的にも

認知されていることです。

 

速く歩こう、っと思えば思うほど、「競歩」を学ぶ

これはとても自然なことなのです。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 慢性的な痛み、との付き合い方
  2. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  3. 元オリンピック選手と行く! 富士山バスツアー、やります!多くの方…
  4. YouTube動画更新 寒く歩けない、雪で歩けない、ウォーキング…
  5. 走ると、どうしても「膝」が痛くなる方へ
  6. エバン・ダンフィー選手 (Evan Dunfee)が吼えてますが…
  7. 悪い事しかニュース(話題)にならない、そんな社会は寂しので。バト…
  8. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
PAGE TOP
PAGE TOP