ブログ

「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?

競歩は「ウォーキングの競技化」されたものです。

だからか、競歩ではそれほど心拍数が上がらない

っと思う方が意外に多いようです。

 

スポーツの指導者でもそう「勘違い」する人もいます。

畑が違えばここまで誤解されるのか!っと思います。

 

スピードが速いから、心拍数が上がるのではなく

身体に負荷が掛かるから、心拍数が上がるのです。

だから、ランの方が心拍数が上がる、ということはありません。

 

五輪種目の20㎞競歩であれば、180-190拍くらいを維持しながら

1時間20分ぐらいで歩きます。

 

ちなみに私も時速12㎞(5分/㎞)ペースを160-170くらいで歩きます。

MAXはこの前は200近くまで上がりました(死ぬかと思った。。。)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク 11月開催! ラン経験者が100km…
  2. ウォーキングでつま先で地面を蹴る、癖が治らない、、、という方は
  3. しおや 尾形先生との対談!
  4. 熱中症対策をしっかりと!2017年度版ですがしっかりと参考にして…
  5. 講習会の参加心得 そりゃー講師の責任です
  6. 打倒!手越くん!その機会は果たして来るのか!
  7. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  8. 疲れ切った表情に達成感と安堵がにじみ出る、UWTT2021 皆さ…
PAGE TOP
PAGE TOP