ブログ

「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?

競歩は「ウォーキングの競技化」されたものです。

だからか、競歩ではそれほど心拍数が上がらない

っと思う方が意外に多いようです。

 

スポーツの指導者でもそう「勘違い」する人もいます。

畑が違えばここまで誤解されるのか!っと思います。

 

スピードが速いから、心拍数が上がるのではなく

身体に負荷が掛かるから、心拍数が上がるのです。

だから、ランの方が心拍数が上がる、ということはありません。

 

五輪種目の20㎞競歩であれば、180-190拍くらいを維持しながら

1時間20分ぐらいで歩きます。

 

ちなみに私も時速12㎞(5分/㎞)ペースを160-170くらいで歩きます。

MAXはこの前は200近くまで上がりました(死ぬかと思った。。。)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 勉強させてもらいます!
  2. 企業スポーツのスポーツ支援には限界がある だからこそ自分たちで歩…
  3. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
  4. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  5. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  6. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?
  7. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  8. スタミナを生み出す理屈
PAGE TOP
PAGE TOP