ブログ

第105回20㎞競歩男子 日本選手権展望

今週末、神戸六甲アイランドで

第105回20㎞競歩 日本選手権が開催されます

男子20㎞競歩の展望をしたいと思います。

この20㎞競歩の見どころは、、、

「20㎞競歩 VS 50㎞競歩」

東京五輪で男子50㎞競歩が35㎞競歩に距離変更がおこなわれました

距離が短くなったことで、男子20㎞競歩の選手にとっては

「35㎞」という距離の選択肢が視野に入りやすくなります。

競争ではやはり「スピードがある」というのは大きなアドバンテージになります。

35㎞ならば50㎞ほどスタミナは奪われず、最後にスピード勝負持ち込めれば

20㎞が主戦場の選手に取っては有利に働きます。

 

それは元50㎞競歩の選手は理解していたと思います

そして、スピード練習に磨きをかけてきたと思います。

もともと、日本の男子50㎞競歩選手はスピードがある選手が多く

20㎞選手と大きな差はありません。

 

東京五輪50㎞競歩代表の丸尾選手は1:19’42という20㎞のタイム

丸尾選手と激しく代表を争った野田選手は1:19’00

リオ五輪50㎞競歩メダリスト荒井選手も1:19’00

このタイムは、東京五輪20㎞競歩で補欠だった古賀選手と20秒くらいしか差がありません。

 

丸尾選手・野田選手・荒井選手がどこまで20㎞の選手と戦えるか?

35㎞での覇権争いを予想する上でとても重要です。

 

しかも、今回は山西選手・池田選手という東京五輪メダリストが不在です。

元50㎞選手たちがどこまで20㎞で上位に入ってこれるか?は

元50㎞選手組が35㎞で活躍できるかどうか?の予想が出来ます

 

3月に開催される35㎞日本選手権に20㎞競歩の選手たちで世界陸上に選考に漏れた組が

出場した場合、元50㎞組で35㎞世界陸上代表の狙う上での強力なライバルになるでしょう

 

優勝争いは、やはり国内では強さを発揮する高橋選手。

そこに古賀選手、元50㎞選手組がどこまで迫れるか?

注目したいと思います

https://www.jaaf.or.jp/racewalking/

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 2018年 5・6・7月 新潟で講習会をします
  2. ウォーキング講習会in代々木公園 2018年12月
  3. 第23回テン6ウォーキング 4月開催
  4. 初心者向けオンラインWEB競歩講習会 4月 2022年
  5. 膝痛でランをあきらめようとしている方、必見! WEB講習会(無料…
  6. テン6ウォーク 2022年9月
  7. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  8. 動画付き競歩講習会in大阪 2020年2月
PAGE TOP
PAGE TOP