ブログ

陸上競技で起きた、あってはならない2つのアクシデント

陸上競技で、選手が試合中に外的要因でタイムが支障が出る

というのは起きてはいけないことですが、2つ大きな事案が起きてしまいました。

日本選手権男子10000m、でゴールした選手を撮影しようと

カメラマンがコースに入り、コードが選手の首を直撃する

ということが起きました。

幸い転倒することは無かったのですが、これはあってはならないこと。

記事中では陸上競技の撮影経験あるカメラマンとのことでしたが

それが本当ならばこんな事故は起きません。

陸上競技撮影経験と言っても、駅伝だったり、投擲競技だったり、遠くから撮影したことしか無い

のだと思います。

仮にあったとしても「陸上競技経験者ではない」

もちろん、そうなると陸上競技経験者しかカメラマンが陸上競技ではできない

という話になってしまうかもしれませんが、それぐらいのことをしてでも

起こしてはいけないアクシデントでしょう

山梨県での高校総体予選で、レースの給水テーブルに

消毒用アルコールを紙コップに入れて、給水のところに置いてしまい

間違って3名の選手が口にしてしまったとのこと。

2名はすぐに気が付いて吐き出したけど、1名はゴール後に嘔吐したとあります。

インターハイ出場が掛かる試合で、こんなことが起きては、、、

選手もやりきれません

どう救済をしていくのか?は難しいですが未来ある高校生のために

しっかりと原因を究明し、救済して欲しいと思います

競技中の選手の集中力は、非常に高いです。

走っていたら急に首の高さにコードが出てくる。出された給水が消毒アルコール

非日常的なことが起きたとしても気が付かない場合がほとんどでしょう

大会と言うのは参加する選手だけでなく、

運営や協力をしている多くの方の力で成立するものだと改めて感じています

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#2022世界陸上オレゴン #股関節 #変形性股関節症 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

 

Follow me!

関連記事

  1. マスターズスポーツの祭典 ワールドマスターズゲームズ関西の開催日…
  2. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  3. 高地トレーニング LHTL(Living Hi traning …
  4. 東京エクストリームウォーク 女性参加者がぜひやっておきたい「お肌…
  5. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  6. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  7. 東京五輪 競歩開催まで残り1か月
  8. ウォーキングで信号待ちでストレッチして立ち上がったらフラッとした…
PAGE TOP
PAGE TOP