ブログ

ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)①】個別にメニューを作る

講習会には、100㎞ウォーキングの参加される

達人(ベテラン)ウォーカーの皆さんにも数多くご参加頂いています。

 

そんな皆さんが目指しているのは「楽に」「速く」ウォーキングすること。

どうしても、「我流」でウォーキングをし、ネットや書籍の情報は

【健康】をメインにしたウォーキング本が主流で、【速く】【楽に】といった

キーワードの本がほとんどありません。

ですので、多くご参加頂いてます。

 

競技スポーツの場合は、一つの試合に向けて日々があります。

3か月もしくは1か月をかけて、本番に向けてトレーニングを積んでいくという感覚なので

トレーニングメニューも、距離やスピードに強弱をつけて、

しかもたまにはウォーキングをしない日も作ります。(筋トレだけとか)

 

しかし、達人(ベテラン)の皆さんは、毎週末が本番。

今週は、あの大会で50㎞、翌週は100㎞などなど、週末はしっかり多くウォーキング

それは普段はお仕事で、なかなかたくさんの距離をウォーキングできないので

毎週末の時間があるときこそウォーキングするという部分からです。

選手と違うサイクルで、本番に挑戦し「楽に」「速く」を目指していきます。

 

では、そんな皆さんは、どうトレーニングメニューを考えれば良いか?

まずはこのシリーズでも書いてきましたが、しっかりと具体的な目標を作る

ということ。

〇〇大会の100㎞で15時間でウォーキングしたい、とか、10㎞を時速10㎞でウォーキングしたい、とかです。

 

やはり、具体的な目標を決めずに、ただ【速く】【楽に】ウォーキングしたいだけだと、

トレーニングをしても、速くなったのか?楽にウォーキングが出来るようになったのか?

実感が掴みにくいです。

 

目標が決まったら、自分の位置を知る必要があります。

目標達成のために、何ができていて、何が出来ていないのか?を見極めることです。

見極めるには、「課題をもって大会に臨む」ということが大切です。

 

例えば、課題を「スピード」と考えたときに

ちゃんとそのスピードでウォーキングできたのか?出来なかったのか?を結果から分析

目標とするスピードまで達することができなければ、

課題としての設定が高すぎた、という判断となります

 

そのスピードでウォーキングすることが出来た

のであれば、課題はクリアーしている

あとはそのスピードでどこまでウォーキングができたか?で次回はスタミナを課題にして大会に臨む

ということになります。

 

しっかりと自分の目標に対して、トレーニングメニューを作る材料を揃える

という作業が、達人(ベテラン)だからこそ、必要な作業になります。

 

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング人口 4000万人に想う
  2. スポーツ科学をどう捉えるか?
  3. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  4. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  5. 4大会連続5回目の世界陸上ロンドン 決定
  6. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  7. トレーニングは、質なのか?量なのか?
  8. 2017 世界陸上メダルへの道②
PAGE TOP