ブログ

100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その2

カロリーさえ摂ればよいのであれば
高カロリーなものを摂ればすみます。

今回のテーマになっている272kcalを簡単に摂る
となると、
カロリーメイト2本(1本:100kcal)
ローソンからあげクン(5個入り:216kcal)
もっと極端なことを言えば
ラードは100ℊで940kcalなので、21ℊのラードで200Kcal…(笑)

ですが

摂取と吸収では意味が違うのは、前回も触れました。
吸収をされるというポイントは重要です。

そこで吸収効果の高い、飲料として
ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料があります。

簡単に言うと、水分の吸収率の高いか、低いかの飲料です。
詳しく、書くと長くなるので
よいサイトがあったので、詳しくはそちらを!
ここ←クリック

ハイポトニックは、浸透圧が低いので水分補給には有効
アイソトニックは、浸透圧が同等なのでミネラル・エネルギー補給には有効です。

発汗量が多いときは、ハイポトニック飲料を摂取し
一定の時間でカロリーを摂取したいときは、アイソトニック飲料となります。

今回のテーマ「100㎞ウォーキングを食べる」だと、0kcalのものは
おススメしません。
いくら浸透圧が低く吸収しやすいといえども、カロリーが低ければ
ガス欠(エネルギー切れ)を起こします。

そして、
運動によって失われるミネラル・エネルギーを補給するために
アイソトニック飲料を飲んだとしても、
代表格のポカリスウェットですら100㏄で25kcal、
つまり、800㏄を1時間毎に獲らないといけない計算になります。

それがざっくり15時間なので15回摂取するとなると・・・
12,000㏄つまり12Lも必要になります
もう、うんざりすること間違いなしです(笑)

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 一般ランナー・ウォーカーとアスリートの違い 個人的見解ですが①
  2. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
  3. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
  4. 世界陸上ドーハ大会 20㎞競歩で金メダル 解説後記
  5. 400mリレーの銀メダルが高く評価されている3つのポイント
  6. 決戦!東京五輪50㎞競歩代表!最後の1枠 最強と最速に続く3人目…
  7. GPSとウォーキングメジャー GPSの正確性
  8. 東京五輪競歩TV解説裏話 その5 男子20㎞競歩をTVで観戦した…
PAGE TOP
PAGE TOP