ブログ

100kmウォーキングを食べる③ どうカロリー補給をするか?その1

カロリーを補給する、と言っても
簡単ではありません。

通常の生活の補給するのは、食事からで
1日一般的には朝昼晩の3回です。

しかし、今回のケースでは100㎞ウォーキングをしている最中
つまり、運動をしているときのカロリー補給です。
そして、1時間毎に272Kcalを摂取しなければならない。
という条件です。

つまり、少なくとも計算上は15回はこうしたカロリー摂取をしなければならない
という事です。

そもそも、272Kcalの食事量とはどれぐらいでしょうか?
ごはんが、お茶碗一杯が180Kcal前後
お味噌汁が、具無しで41Kcal。
ですので、具にもよりますが、おおよそ、質素な朝食
ごはんと、お味噌汁だけでこの272Kcalとなるでしょう。

さすがに1日に15回も通常の生活でそんな食事をしたら・・・
次の日は、ご飯も味噌汁も見たくないでしょう

そもそも、ご飯、お味噌汁では吸収に時間が掛かりそうです。

実際にご飯の消化時間は2~3時間
吸収時間は7~9時間とも言われています
(個人差はあります)
これでは、スタートしてすぐに食べても効力は
後半に・・・
しかも、運動しながら消化吸収をしなければいけいないので
もっと、時間はかかるでしょう

そして水分の吸収時間は1時間200~700CC(個人差はあります)

そうなると、やはり固形物をとるのは
運動中であれば、効率的ではなさそうです。

そして、水分に補給にも
アイソトニック・ハイポトニックという浸透圧
つまり吸収に適した水分濃度も関係してきます。

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 男子20km競歩 世界競歩チーム選手権 団体金メダル 解説!
  2. 現代 五輪論⑤
  3. 歩く技術 全てはつながって、最後はかかと着地
  4. まったくの初心者歓迎 競歩講習会
  5. 競歩五輪金メダリストが予想する「東京五輪男子20㎞競歩」
  6. 歩くという事
  7. 寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?
  8. レポート 第3回ウォーキング講習会in砧公園
PAGE TOP
PAGE TOP