ブログ

速くウォーキングする時に意識したい筋肉

速くウォーキングするための、筋肉は

「中殿筋」と言われる場所です。

お尻の外側、やや上の部分です。

 

なぜそこの筋肉なのかというと、

胴体と足をつなぐ筋肉の部位だからです。

しっかりと、体幹を使えてウォーキング出来ていれば

必ず身体の中心に近い部分の筋肉が使えないといけません。

 

速く身体を動かそうとすると、身体の近い部分から

動かすとことが意識できれば、身体は速く動かせます。

速く動かそうとする意識が末端の筋肉いけばいくほど

速く動かせません。

 

たまに例えるのですが、

「金づち」です。

速く金づちを動かそうとするときに、どうすれば速く動かせるでしょうか?

金づちの重たい頭の部分か、軽い棒の部分を持って重たい頭を振るか?

すぐに答えを出せると思います。

 

軽い棒の部分を持って降ると、重たい部分の金づちの頭が遠心力で振られて

速く触れません。

ですが、重たい頭の部分を持って降れば、

力のポイントが振り始めの根元の部分になって

速く振れます。

だから、速く身体を動かすために

根元の部分を速く振る(動かす)意識が大切なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪が最後!曲者揃いの男子50㎞競歩 世界の強豪
  2. ウォーキング ラン 競歩で、蹴らないで進むために活用したい位置エ…
  3. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  4. ダラダラ、ウォーキングはもったいない
  5. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  6. そもそも全速力とは?全速力で歩くのに必要な距離は?
  7. ウォーキング 競歩で、「骨盤で歩く」ために、作りたい軸、とは
  8. マスターズ陸上競歩で大幅自己記録&クラス別優勝
PAGE TOP
PAGE TOP