ブログ

RWランニング (競歩式ラン)

競歩の講習会をやると、ランナーのご参加も多数あるます。

その皆さんが、仰るのは

「ランニングに競歩の動きは参考にならないか?」

という動機がメインです。

 

もちろん、参考になります。

 

競歩はどちらかの足が地面に着いていなければいけないので

高く浮くという動作では無いので、怪我のリスクが減ります。

骨盤を中心とした、身体動作なので、身体を動かす効率が向上します。

 

RWランニングをオススメしたいのは、

初心者の方、怪我がちな方、体力が無いけどマラソン走ってみたい!という方です。

 

ランニングに慣れている方や、体力がある方には、向かないかもしれません。

それは、どうしても身体の操作を筋力で動かす癖がついているからです。

おそらく、RWランニングをすると「遅く感じる」と思います。(実際は遅くはなりませんが)

身体の操作が効率的になるので、遅く感じやすくなります。

ガムシャラに動かす訳では無いので、余計に遅くなったと思うでしょう。

 

そして、何もこのRWランニングは特別な理論ではありません。

競歩の「歩く技術」を使って、ランニングをする。

それだけの事です。

Follow me!

関連記事

  1. 【初心者向け】いつか100㎞を歩く、走る、をしてみたい方
  2. 神宮寺さんファン・ジャニーズファンの皆さんへ ZIP メダルラッ…
  3. UWTT2022 50㎞ウォーク開催しました! 50㎞を信号も無…
  4. 【ウォーキング】で「痛み」を我慢して歩かない方が良い3つの理由
  5. 東京五輪 競歩中継を見て、競歩をやってみたい!っと思ったランナー…
  6. 片麻痺の方の、段差トレーニング
  7. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  8. 「走れなくなったから、歩くのは出来るようになりたいから」78歳女…
PAGE TOP
PAGE TOP