ブログ

43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝ってしまうという衝撃

神奈川マスターズ陸上で、いつも講習会に参加して頂いているIさんが

見事に優勝しました!

おめでとうございます!!!

 

このサイトを始めたのも、ウォーキングから競歩をやってみたい!と言う人を

少しでも増やしたい!という想いからでした。

まさか優勝までするとは・・・

タイムも初レースとしては好タイムでした。3000mを16分16秒は、1㎞5分25秒ペース(時速11㎞)

 

どれぐらい好タイムかというと、私の最初のレース(高校時代)は5000mでしたが30分掛かりました。

つまり、1㎞6分ペース(時速10㎞)でした…(苦笑)

 

もともとは100kmウォークで、16時間台で「もっと速くなりたい」ということで講習会に参加し

1月にはまず100㎞で12時間台、そして9月には時速11㎞wクリア

スタミナもスピードもレベルアップされました。

おそらく、スピードが上がったので、それより遅いペースで進む100㎞でも

今までのペースを楽に感じられるようになるので、

「100㎞11時間台」は目前といっていいでしょう。

 

マスターズ陸上は、5才毎にカテゴリーが分かれているので、

年代別とはなりますが、比較的優勝が狙いやすい大会です。

 

今回の結果から思うのは、100㎞ウォークで15時間台以上(より速いという意味)であれば

トレーニングさえ積めば、1㎞5分台で歩くのは可能だと思います。

つまり、マスターズ陸上で充分に活躍できる、と思います。

逆を言えば、マスターズ陸上で16分前後でゴール出来る方であれば、スタミナさえつければ

100㎞ウォークでも何回か経験をすれば、12時間台は見えてくると思います。

 

ただ、講習会に参加していただいていて、思うような結果まで届かなった方も

もちろん、いますので、

もっと、多くの方にウォーキングや競歩を楽しんでもらうべく

良いアドバイスができるように精進していきます!!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  2. 本番間近!! 世界陸上ロンドン2017 解説日記④
  3. 時速12㎞だと心拍数はランでは?競歩では?どれぐらい???
  4. 日本競歩の展望
  5. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  6. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
  7. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ①
  8. 自分のウォーキング 競歩 のフォームをどう修正すれば良いかがすぐ…
PAGE TOP