ブログ

慢性的な痛み、との付き合い方

慢性的な痛みとは、非常にやっかいなものです。

急に痛くなったものは、案外すぐに治るものですが

慢性的な痛みは、すぐに治らない、ものが多いです。

 

変形膝関節症の方のパーソナルを3名ほどしていますが、

皆さん、それぞれです。

痛みが無い方も、いれば

慢性的な痛みに悩まされている方もいます。

 

その方が、最近痛みへの向き合い方をポジティブ捉えることで

痛みがあっても、前ほど気にならなくなったそうです。

 

「痛い」だから、あれもできない、これもできない

という感情ばかりが先にたち、苛立つこともしばしばだったのが

「痛みはあるけど、今日は練習ができた!」

「痛みがあるけど、パーソナルで柳澤コーチと一緒にトレーニングができた!」

っと、変えたそうです。

 

私としては、最初にトレーニングを始めた頃より、圧倒的に別人のように

出来ることは増えているので、何も悲観することはない、と思っていたのですが

ご本にとしては、例え出来ることが増えていっても、

「痛み」というのは大きな課題だったようです。

 

一人一人、痛みの捉え方は違うもの、これっといった決め手はなかなかないかもしれませんが

メンタル的な捉え方で、「痛み」もまた一つ変えることができるのであれば、

それもまた、一つの方法でしょう!

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 の 歩き方③
  2. 平昌五輪の閉会式を観て想う事
  3. 4大会連続5回目の世界陸上ロンドン 決定
  4. 夢へ、一歩一歩
  5. ウォーキング 競歩 大阪講習会の会場 大阪城公園 を選んだ理由
  6. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  7. ウォーキング 雨の日のマメ対策
  8. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
PAGE TOP