ブログ

競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?

目で見える範囲であれば、

自分の身体が「どう動いているか?」は確認できます。

例えば、腕を振ろうとして前に大きく腕が振れているかどうか?

それは視界に入ってくるので分かります。

しかし、前は見れても「後ろに大きく腕がふれているかどうか?」までは

見ることはできません。

それと、同時に自分の脚がどのように動かしているか?というのも目で確認をすることは難しく

あくまでも、きっと「こう動かしているだろう!」の【感覚頼み】になります。

しかし、その感覚の通りに身体が動いていてくれているかどうか?は分かりません。

だからこそ、正確にフォームを作れているかどうか?を動画に撮って

自分の感覚との「答え合わせ」をするのは重要です。

そして、もっと重要なのは、間違っていた場合に、「どう動きを修正するか?」です。

そのための講習会が(笑)

こちらです。

初心者~中級者 1回のみもOK 全3回競歩講習会in代々木公園 2018年2月

 

Follow me!

関連記事

  1. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  2. ウォーキングを 変形膝関節症だからと言って諦める理由はありません…
  3. メール通信トレーニングの始めた理由
  4. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  5. 競歩式ラン(RWラン) 講習会in神宮外苑 2017年8月
  6. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
  7. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  8. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
PAGE TOP