ブログ

リオ五輪 代表紹介! 男子50km競歩 その1

谷井孝行選手

昨年、開催された世界陸上北京大会で競歩では

競歩史上初めてとなるメダルを獲得し、五輪出場を決めました。

大学生の時のフォームは完成されていて、当時の20km競歩の日本記録は

彼にすぐに更新されると思ったことを鮮明に覚えてます。

50kmでも20kmでも通用する、世界と戦えるオーストラリアのタレントや、

ポーランドのコジェンニョフスキーのような選手になるだろうと思っていました。

しかし、フォームが安定せず国際大会では結果になかなかつながらず

苦しみましたが、苦しみの中から4大会連続五輪出場と日本人初のメダルを獲得は、

日本の競歩界のレジェンドと呼ばれるに相応しい結果です

彼の持ち味は、苦しい中でもレースを作れるところ。

北京の世界陸上でも苦しくなってから、荒井選手が

追い付いたこともありますが、そこか素晴らしいレースをみせてくれました。

ロンドン五輪でも肺気胸となりながらも30km地点までレースを作りました

。そんな精神力の高さが持ち味です。

リオ五輪では、そんな彼の粘り-精神力の高さ、そこに4大会連続の

五輪出場という経験が素晴らしい結果を産んでくれるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 2019年 日本選手権20㎞競歩レビュー
  2. 競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!
  3. 本の紹介③
  4. 乳酸の話はまた今度、メール通信受講者がパーソナルを受けた話
  5. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩サイドストーリー 「間違い」と…
  7. 速く歩くために
  8. ウォーキング や 競歩で上達するための「自分の現在地」を知ってい…
PAGE TOP