ブログ

現代 五輪論⑤

以前にも書きましたが、

人種が国籍を決める時代ではなくなりつつあります。

やはり、ハーフの選手が多くなり、その選手が活躍するようになる五輪が

増えてくるのは確実です。

それを大多数の人は、許容できると思います。

しかし、人種に偏見を持つ人もいなくはありません。

そうなると、このハーフという人達を認めないという論調も出てくるでしょう。

純粋な日本人同士でないと、日本人として認めない。

個人的な見解ですが、、、

そもそも、国籍の定義は人種で決まってはいません。

それに国籍とか人種とか、そんな枠で五輪が開催されている訳ではありません。

人間賛歌です。

人間の可能性に挑戦する、その姿が尊く美しい

それが五輪です。

国別対抗戦という形式をとっているに過ぎません。

 

だって、単純に日本人以外の選手が活躍しても

感動できるじゃないですか!

 

人間賛歌、それが五輪なんだと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  2. 18年前の映像で振り返る 国際グランプリ競歩2位 2002年 ア…
  3. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  4. 歩く技術 全てはつながって、最後はかかと着地
  5. 100kmウォーキングを食べる⑨ とりあえず、最終回
  6. なかなか、治せない自分の癖との向き合い方
  7. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  8. NHKと番組作りました!!
PAGE TOP