ブログ

全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦

今週末の能美大会は20㎞競歩で東京五輪を目指すのであれば

重要な選考会です

1月に書いたブログです

男子20km競歩、スピード勝負の20km競歩、しかし、スピードがあるだけでは代表にはなれない 展望③-2

日本選手権は、山西選手の初優勝で内定者が出ませんでした

日本選手権のレースを見ると、

池田選手・高橋選手・藤沢選手により残り2枠の争いになりそうです

 

日本選手権で元50㎞競歩日本記録保持者野田選手が6位に入っていました。

2分ペナルティでの6位で、ペナルティさえなければ1時間18分台で2位となるゴールだったので

20㎞でも争えるポテンシャルがありましたが、能美大会にはエントリーしませんでした

4月の日本選手権50㎞競歩輪島大会に絞ったようです。

 

池田選手は神戸では苦しいレースとなりました。

速いペースと揺さぶりにうまく対応出来きれませんでした。

本来の力であれば、もっと終盤まで粘れたと思いますが

粘れなかったのは、調子が今一つだったのか、「自信」が世界陸上の惜敗で

小さくなってしまったのか?

怖いもの知らず思い切ったレースが、経験を重ねてできなくなっている感じです。

調整能力は高いと思うので、この1か月でしっかりと調子を上げてくると思います

そして、「自信」をもってレースに臨んで欲しいです

 

高橋選手はフォームが安定できなかった、痛恨の3枚目の警告で2分間のペナルティが

響きました。

ただ、2分のペナルティでも3位に入り、過去のルールであれば失格で選考レースを考える

かなり心証が悪い結果となりますが、逆にペナルティに救われた感じもあり

運があります。4年に1度の五輪ではこの「運」は意外に重要

どう、立て直してくるのか注目です

 

藤沢選手は速いペースに対応しきれず、早々に離れました。

能美大会も速いレース展開に持ち込まれると分が悪そうです。

早い段階で2枚の警告が出たことも、痛かったです。

ただ、レースを重ねることで調子とフォームを整えてくるタイプ

能美との相性は悪くありません。

速いペースでも焦らずに、無理に速いペースに着かずにレースを読み切れれば

逆転の代表入りもあると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 西日本豪雨の被災された皆様のためテン6ウォーキングの参加費は全額…
  2. 前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別…
  3. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  4. 内ももの付け根(鼠径部)に痛みがある場合のフォームの工夫の仕方
  5. 気をつけて、観て欲しいところ
  6. 普及に想う
  7. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  8. 女子20km競歩 予想!
PAGE TOP