ブログ

ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚

昨日のブログの続きです

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20190214/

1㎞のタイムトライアルをする前に、フォームの微調整をしていたときに

この女性の方が

「速く歩こうとすると息が切れる、後ろに足が残るように歩くと遅いと思ってもタイムが速い」

「遅いと思っているので、呼吸が楽、でもタイムが速い、それが不思議」

っと話されていました。速く歩けたときにしか感じられない感覚でしょう

 

おそらく、皆さんも真似をしてフォームを意識を持って歩こう!

っと思う方は多いはず。

そして大半の方は、うまくいかずに、「ん?フォームの事を意識しても速くならない」

っと感じる方もいるでしょう。

 

その時は、基本的なことが出来ているようで、出来ていないとそうなります。

一度ゆっくり歩いてみて、自分のフォームがどう動いているのか?

観察をしてみると、速く歩くヒントが見つかるかもしれません

 

ウォーキングジム パーソナルとは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  2. ウォーキングや競歩で姿勢の基準となる、身体の左右の境目にあるもの…
  3. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  4. パーソナルトレーニングで驚かれること
  5. 冬の通勤など私服でダイエット目的のウォーキングするときに、ちょっ…
  6. 九州の皆様、お待ちしてます‼️
  7. 膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります
  8. ロンドン五輪 50㎞競歩金メダリスト ジャレド・タレント選手
PAGE TOP