ブログ

ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚

昨日のブログの続きです

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20190214/

1㎞のタイムトライアルをする前に、フォームの微調整をしていたときに

この女性の方が

「速く歩こうとすると息が切れる、後ろに足が残るように歩くと遅いと思ってもタイムが速い」

「遅いと思っているので、呼吸が楽、でもタイムが速い、それが不思議」

っと話されていました。速く歩けたときにしか感じられない感覚でしょう

 

おそらく、皆さんも真似をしてフォームを意識を持って歩こう!

っと思う方は多いはず。

そして大半の方は、うまくいかずに、「ん?フォームの事を意識しても速くならない」

っと感じる方もいるでしょう。

 

その時は、基本的なことが出来ているようで、出来ていないとそうなります。

一度ゆっくり歩いてみて、自分のフォームがどう動いているのか?

観察をしてみると、速く歩くヒントが見つかるかもしれません

 

ウォーキングジム パーソナルとは?

 

Follow me!

関連記事

  1. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  2. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  3. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅④ 北海道、一番大変だったことは。。…
  5. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  6. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
  7. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  8. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
PAGE TOP