BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚

昨日のブログの続きです

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20190214/

1㎞のタイムトライアルをする前に、フォームの微調整をしていたときに

この女性の方が

「速く歩こうとすると息が切れる、後ろに足が残るように歩くと遅いと思ってもタイムが速い」

「遅いと思っているので、呼吸が楽、でもタイムが速い、それが不思議」

っと話されていました。速く歩けたときにしか感じられない感覚でしょう

 

おそらく、皆さんも真似をしてフォームを意識を持って歩こう!

っと思う方は多いはず。

そして大半の方は、うまくいかずに、「ん?フォームの事を意識しても速くならない」

っと感じる方もいるでしょう。

 

その時は、基本的なことが出来ているようで、出来ていないとそうなります。

一度ゆっくり歩いてみて、自分のフォームがどう動いているのか?

観察をしてみると、速く歩くヒントが見つかるかもしれません

 

ウォーキングジム パーソナルとは?

 

Follow me!

関連記事

  1. テン6ウォーク 2023年7月
  2. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  3. 「変形性股関節症」「変形性膝関節症」には、早めに対処しよう!
  4. 大阪での「想い」を、まずは行動してみました。
  5. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  6. 60代 何歳まで「旅行」に出かけられる? #ウォーキング #健康…
  7. ウォーキング 競歩で、「骨盤で歩く」ために、作りたい軸、とは
  8. ウォーキングをしているから「認知症予防」が出来ている!は間違いで…
<<
PAGE TOP