ブログ

全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所

全力で競歩をしたので、筋肉痛になりました。

普段、どんなに長い距離を歩いても

ほとんど筋肉痛になることは無いのですが、

なぜ?ダッシュは筋肉痛になるのか?

 

それは、ダッシュが無酸素運動だからです。

長距離ウォークでは、(その人にとって)極端に長くなければ

筋肉痛になることはまれですが、

距離が短く無酸素で瞬発的に体を使えば、負荷が大きくなり

筋肉痛になります。

いわば筋トレをしているような状態です。

 

そして筋肉痛になった場所は、「脚」ではなく。。。

「肩甲骨」周り、つまり僧帽筋・広背筋です。

スタートする前も、背中の筋肉痛は覚悟してました。

 

スピードを生むために、しっかりと肘を引く必要があったので

高く肘を引ききったので、肩甲骨周りが筋肉痛です。

あと、お尻周りですかね。

 

予想通りの場所が筋肉痛となり、

良いフォームで歩けたのでは?っと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  2. 筋肉が鍛えるられるのはいつのタイミング?
  3. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
  4. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  5. 世界陸上ドーハ 中東の暑さを味方に!勝木隼人選手 男子50㎞競歩…
  6. 競歩には「速く歩くための技術が詰まっている」
  7. 2024年に向けて、パリ五輪で50㎞競歩が開催されない、その代わ…
  8. 競歩式ランで難しいこととは。。。
PAGE TOP