ブログ

全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所

全力で競歩をしたので、筋肉痛になりました。

普段、どんなに長い距離を歩いても

ほとんど筋肉痛になることは無いのですが、

なぜ?ダッシュは筋肉痛になるのか?

 

それは、ダッシュが無酸素運動だからです。

長距離ウォークでは、(その人にとって)極端に長くなければ

筋肉痛になることはまれですが、

距離が短く無酸素で瞬発的に体を使えば、負荷が大きくなり

筋肉痛になります。

いわば筋トレをしているような状態です。

 

そして筋肉痛になった場所は、「脚」ではなく。。。

「肩甲骨」周り、つまり僧帽筋・広背筋です。

スタートする前も、背中の筋肉痛は覚悟してました。

 

スピードを生むために、しっかりと肘を引く必要があったので

高く肘を引ききったので、肩甲骨周りが筋肉痛です。

あと、お尻周りですかね。

 

予想通りの場所が筋肉痛となり、

良いフォームで歩けたのでは?っと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. UWTT2020 無事に終了
  2. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
  3. 日本選手権50㎞競歩輪島大会中止に想う、、、
  4. ふくらはぎ、を 細くする ウォーキング フォーム
  5. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  6. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  7. 大阪での地震 心よりお見舞い申し上げます
  8. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
PAGE TOP