ブログ

全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所

全力で競歩をしたので、筋肉痛になりました。

普段、どんなに長い距離を歩いても

ほとんど筋肉痛になることは無いのですが、

なぜ?ダッシュは筋肉痛になるのか?

 

それは、ダッシュが無酸素運動だからです。

長距離ウォークでは、(その人にとって)極端に長くなければ

筋肉痛になることはまれですが、

距離が短く無酸素で瞬発的に体を使えば、負荷が大きくなり

筋肉痛になります。

いわば筋トレをしているような状態です。

 

そして筋肉痛になった場所は、「脚」ではなく。。。

「肩甲骨」周り、つまり僧帽筋・広背筋です。

スタートする前も、背中の筋肉痛は覚悟してました。

 

スピードを生むために、しっかりと肘を引く必要があったので

高く肘を引ききったので、肩甲骨周りが筋肉痛です。

あと、お尻周りですかね。

 

予想通りの場所が筋肉痛となり、

良いフォームで歩けたのでは?っと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
  2. 「着順」を競うとき、最大の武器になるもの
  3. ウォーキング後で痛みが出る、悪い場合、良い場合
  4. 少人数!フォーム動画チェック! ウォーキング&競歩講習会in代々…
  5. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
  6. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  7. ランニングコーチはきっとあまり言わない。大会で最下位の方に「速過…
  8. 山手線1周ウォーキング アンケート 2017年5月
PAGE TOP
PAGE TOP