BLOG

ウォーキングブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習

一般的にスピード練習は、下記の3種類

○インターバル
○ダッシュ
○坂ダッシュ

「インターバル」
短い距離をスピードを出し切れる距離を設定し、
それをいくつかの本数を繰り返すのが、
この練習の基本的なやり方です。

ウォーキングはランニングとは違いがあります。
心拍の上がり方や、スピードの最高速への達し方
そして、心拍数が落ち切る前にスタートをします。

「ダッシュ」
インターバルより短い距離で設定するのが
一般的です。
言葉通りダッシュなので、いかに最高速まで最短でたどり着けるか
そこが重要なポイントです。

「坂ダッシュ」
上記のダッシュの坂を利用したパターン
負荷が大きいので、その人に合った距離や回数にするのが
効果的な練習となる重要なポイントです

Follow me!

関連記事

  1. 世界最高記録(非公認)10000m競歩 37分25秒 高橋選手が…
  2. 速さ 地面と足との距離の重要性
  3. 一番、日常生活に近いスポーツ「競歩」を皆さんに親しんでもらうため…
  4. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑨ 総括その2
  5. 【レポート】初心者競歩講習会in代々木公園 2017年5月
  6. パリ五輪 男女35㎞競歩は「国別対抗戦!!!」
  7. 【レポート】ナイトウォーキング 東京タワーtoスカイツリー 20…
  8. youtube 65-77歳から競歩の歩き方  スポーツとして「…
<<
PAGE TOP