ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習

一般的にスピード練習は、下記の3種類

○インターバル
○ダッシュ
○坂ダッシュ

「インターバル」
短い距離をスピードを出し切れる距離を設定し、
それをいくつかの本数を繰り返すのが、
この練習の基本的なやり方です。

ウォーキングはランニングとは違いがあります。
心拍の上がり方や、スピードの最高速への達し方
そして、心拍数が落ち切る前にスタートをします。

「ダッシュ」
インターバルより短い距離で設定するのが
一般的です。
言葉通りダッシュなので、いかに最高速まで最短でたどり着けるか
そこが重要なポイントです。

「坂ダッシュ」
上記のダッシュの坂を利用したパターン
負荷が大きいので、その人に合った距離や回数にするのが
効果的な練習となる重要なポイントです

Follow me!

関連記事

  1. 【取材】読売新聞
  2. 競歩選手 練習前写真から分かること
  3. 山手線1周ウォーキングで想定外のマメ・・・
  4. 「6回倒れても、、、、」五輪・世界陸上、TV解説席から見た競歩事…
  5. 回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える
  6. レポート 第3回ウォーキング講習会in砧公園
  7. 一番、日常生活に近いスポーツ「競歩」を皆さんに親しんでもらうため…
  8. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
PAGE TOP
PAGE TOP