ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習

一般的にスピード練習は、下記の3種類

○インターバル
○ダッシュ
○坂ダッシュ

「インターバル」
短い距離をスピードを出し切れる距離を設定し、
それをいくつかの本数を繰り返すのが、
この練習の基本的なやり方です。

ウォーキングはランニングとは違いがあります。
心拍の上がり方や、スピードの最高速への達し方
そして、心拍数が落ち切る前にスタートをします。

「ダッシュ」
インターバルより短い距離で設定するのが
一般的です。
言葉通りダッシュなので、いかに最高速まで最短でたどり着けるか
そこが重要なポイントです。

「坂ダッシュ」
上記のダッシュの坂を利用したパターン
負荷が大きいので、その人に合った距離や回数にするのが
効果的な練習となる重要なポイントです

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーキングを食べる⑤ どうカロリー補給をするか?その…
  2. 地面は強く蹴らなくても歩幅は作れる
  3. 【歩く技術】を使ったウォーキング②
  4. 通勤でウォーキングしたいコース①
  5. 実は試合に出る選手と初心者では、技術的に大きな差は無い、という気…
  6. 2015年世界陸上北京大会  日本競歩初のメダル獲得!20㎞競歩…
  7. 競歩 TV 解説者として情報収集はしっかりと
  8. 2017世界陸上 メダルへの道④ わずか1~2㎝の高さ わずか1…
PAGE TOP