ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 最後の仕上げ【調整期】②

疲れをとる、というのは説明するまでも無いと思います。

・フォームの確認をする

は、イメージがわかないと思います。

 

フォームを確認する、は「動作を確認する」です。

つまり、本番で歩くとき・走るときのフォームが

ちゃんとトレーニングしてきたフォームであれば

疲れにくいフォームになるはず、

その動作のチェックを、大会直前で確認しながらしないと

本番でも、ちゃんと身体を動かせません

100㎞という長丁場、フォームの確認は必須でしょう

 

・刺激をいれる

一般的なウォーカー・ランナーには馴染みがないかもしれません。

本番直前に、速いペースで短い距離を、ウォーキング・ランニングすることで

身体が動きやすくなります。

 

疲れをとり、準備をし、動きやすい身体をつくる

こうして、本番に備えるのが調整期です。

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪 競歩開催まで残り1か月
  2. ウォーキングと大腿四頭筋
  3. 東京五輪 女子20㎞競歩展望
  4. ウォーキングで頼るべきは、ストライド(歩幅)か? ピッチ(回転数…
  5. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ その2
  6. 回復(リカバリー)を考える ③ たんぱく質の摂取
  7. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
  8. 100kmウォーキングUWTT に想う・・・
PAGE TOP
PAGE TOP