ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 最後の仕上げ【調整期】②

疲れをとる、というのは説明するまでも無いと思います。

・フォームの確認をする

は、イメージがわかないと思います。

 

フォームを確認する、は「動作を確認する」です。

つまり、本番で歩くとき・走るときのフォームが

ちゃんとトレーニングしてきたフォームであれば

疲れにくいフォームになるはず、

その動作のチェックを、大会直前で確認しながらしないと

本番でも、ちゃんと身体を動かせません

100㎞という長丁場、フォームの確認は必須でしょう

 

・刺激をいれる

一般的なウォーカー・ランナーには馴染みがないかもしれません。

本番直前に、速いペースで短い距離を、ウォーキング・ランニングすることで

身体が動きやすくなります。

 

疲れをとり、準備をし、動きやすい身体をつくる

こうして、本番に備えるのが調整期です。

つづく

Follow me!

関連記事

  1. 寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?
  2. ウォーキングの視点を広げる大切さ
  3. コンプレッションタイツ 2XUについて
  4. ウォーキングで筋肉痛になるのか?
  5. トップアスリートと一般的なアスリートの違い
  6. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・後編
  7. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  8. 朝晩がだいぶ寒く、起きれないっという方へ
PAGE TOP