ブログ

抜くべきか?、つくべきか? その3

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

ここは明らかに抜くべきポイント。

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイント

疲れたからといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に勝負をつけるポイント

 

相手の思考にたって、嫌がることをする(笑)

それが勝負の上で、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている
つまり、ペースを上げられない

・後ろから追い上げられている
追いつかれたくなく、もがいている

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい
つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたら…

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

ここが、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  2. 2017世界陸上 メダルへの道①
  3. トップアスリートと一般的なアスリートの違い
  4. 2017 世界陸上 ロンドン 50㎞競歩 メダル事前予想
  5. 大山巡礼トレイル、翌日の 筋肉痛 状況
  6. 自分の歩幅を知ることの重要性
  7. 筋肉だけは、速くなれない
  8. 2017世界陸上 メダルへの道④ わずか1~2㎝の高さ わずか1…
PAGE TOP
PAGE TOP