ブログ

抜くべきか?、つくべきか? その3

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

ここは明らかに抜くべきポイント。

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイント

疲れたからといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に勝負をつけるポイント

 

相手の思考にたって、嫌がることをする(笑)

それが勝負の上で、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている
つまり、ペースを上げられない

・後ろから追い上げられている
追いつかれたくなく、もがいている

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい
つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたら…

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

ここが、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーキングを食べる⑨ とりあえず、最終回
  2. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  3. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
  4. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習
  5. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
  6. 100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その…
  7. 回復(リカバリー)を考える② 糖質(お米など)の摂取
  8. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
PAGE TOP