ブログ

抜くべきか?、つくべきか? その3

相手のペースが明らかに落ちていて
追いついた時、

ここは明らかに抜くべきポイント。

どんどん前の人との差が縮まり、追いついたなら

しかも「目的」が勝負なら、ここは確実に抜くポイント

疲れたからといって、付いて休もうと思ってはダメです。

できれば、ペースアップして一気に勝負をつけるポイント

 

相手の思考にたって、嫌がることをする(笑)

それが勝負の上で、大切なポイントです。

 

相手の心理状態にたって考えると

・ペースを落としてしまっている
つまり、ペースを上げられない

・後ろから追い上げられている
追いつかれたくなく、もがいている

・追いつかれたとしても、ついて粘りたい
つくだけでも精一杯、なのに更にスピードアップされたら…

追いついて、一息つこうと相手につくということは

相手も一息つけるということ。

「目的」が勝負(相手に勝つ)ならば、

ここが、勝負のポイントです。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【具体的なメ…
  2. 100㎞ウォーキングは、質?量?
  3. 正しいフォームを習得するために必要な思考①
  4. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る① 最速スピードの調べ方…
  5. スポーツの「気合」「根性」
  6. 【レポート】 大阪 ウォーキング講習会
  7. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  8. 抜くべきか?、つくべきか? その2
PAGE TOP