ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたいこと

100㎞とはいえ、前述の通り(「100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の目的」

速さを養うことは重要です。

一般的なウォーカーやランナーはつい見落としがちな点です。

ゴールをするという目的が大前提になってしまい

効率的なトレーニングメニューを作れなくなります。

 

100kmとはいえ、スピード練習はしましょう!

 

という、話をしてきましたが、

どれぐらいの距離をトレーニングすれば良いのか?

という課題が残ります。

 

ポイント(気を付けたいこと)

○スピード練習はスピード練習として、距離は割り切るということ
○スピード練習期でも、筋持久力的な練習はその週内にいれる

上記、2点に気を付けてください。

 

絶対スピードを上げるには、スピードを出し切る適切な距離が必要です。

そして、100㎞という距離があるので、筋持久力的な練習をいれないと

せっかく、身体づくり期→持久系トレーニング期とやってきたことが

線としてつながっていきません。

 

相反する練習をバランス良く取り入れることで、

トレーニング効果は飛躍的に伸びていきます。

Follow me!

関連記事

  1. 3分45秒で1kmを「歩け!」
  2. ウォーキングトレーニングメニュー 初心者にも向いている「ビルドア…
  3. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  4. 大山巡礼トレイル、翌日の 筋肉痛 状況
  5. 100kmウォーキングを食べる④ どうカロリー補給をするか?その…
  6. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
  7. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  8. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ
PAGE TOP