ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたいこと

100㎞とはいえ、前述の通り(「100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の目的」

速さを養うことは重要です。

一般的なウォーカーやランナーはつい見落としがちな点です。

ゴールをするという目的が大前提になってしまい

効率的なトレーニングメニューを作れなくなります。

 

100kmとはいえ、スピード練習はしましょう!

 

という、話をしてきましたが、

どれぐらいの距離をトレーニングすれば良いのか?

という課題が残ります。

 

ポイント(気を付けたいこと)

○スピード練習はスピード練習として、距離は割り切るということ
○スピード練習期でも、筋持久力的な練習はその週内にいれる

上記、2点に気を付けてください。

 

絶対スピードを上げるには、スピードを出し切る適切な距離が必要です。

そして、100㎞という距離があるので、筋持久力的な練習をいれないと

せっかく、身体づくり期→持久系トレーニング期とやってきたことが

線としてつながっていきません。

 

相反する練習をバランス良く取り入れることで、

トレーニング効果は飛躍的に伸びていきます。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  2. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  3. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  4. ランナーから競歩挑戦 気をつけたいこと
  5. コンプレッションタイツ 2XUについて
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩予想
  7. ウォーキングを向上させるトレーニング方法① 歩くだけのウォーキン…
  8. 104年で初めての衝撃 日本選手権50km競歩中止決定
PAGE TOP
PAGE TOP