ブログ

1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。

指導をしている選手が、

本日開催された日本選手権20㎞競歩で、1時間18分23秒でゴール

1㎞を3分55秒のペースです。

マラソンなら2時間45分でゴールします。

ウォーキング(歩く)で、ですが(笑)

彼は小柄な選手なので、歩幅もおそらく90㎝程度

そのスピード生み出しているのは

ピッチ(回転数)

速い回転数を維持するには、

筋力が必要になります。

しかし、上半身の筋力だけでなく

上半身と下半身の連動

そして、連動して動く下半身の筋力

一朝一夕では、手に入るものではありません。

ウォーキングでサブ3をする能力には

力と技術、その両方が必要になるのです

Follow me!

関連記事

  1. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  2. ウォーキング・競歩でスピードを出すときに、気を付けたいポイント
  3. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  4. 砧公園 ウォーキング
  5. 【レポート】初心者競歩講習会in代々木公園 2017年5月
  6. 横浜 ウォーキング&競歩講習会は、どんなことするのか?
  7. 姿勢と重心は一つのもの
  8. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
PAGE TOP