ブログ

1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。

指導をしている選手が、

本日開催された日本選手権20㎞競歩で、1時間18分23秒でゴール

1㎞を3分55秒のペースです。

マラソンなら2時間45分でゴールします。

ウォーキング(歩く)で、ですが(笑)

彼は小柄な選手なので、歩幅もおそらく90㎝程度

そのスピード生み出しているのは

ピッチ(回転数)

速い回転数を維持するには、

筋力が必要になります。

しかし、上半身の筋力だけでなく

上半身と下半身の連動

そして、連動して動く下半身の筋力

一朝一夕では、手に入るものではありません。

ウォーキングでサブ3をする能力には

力と技術、その両方が必要になるのです

Follow me!

関連記事

  1. 筋肉だけは、速くなれない
  2. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  3. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  4. 競歩2大会連続五輪出場 藤澤 勇選手の引退、に想う
  5. 速く走れれば、速く歩けるのか?競歩選手に走らせた!!
  6. 競歩で2200mの高地合宿を1か月すると、成田空港でどうなるか?…
  7. ウォーキングの視点を広げる大切さ
  8. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー③ 【健康編】個別にメニ…
PAGE TOP
PAGE TOP