ブログ

1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。

指導をしている選手が、

本日開催された日本選手権20㎞競歩で、1時間18分23秒でゴール

1㎞を3分55秒のペースです。

マラソンなら2時間45分でゴールします。

ウォーキング(歩く)で、ですが(笑)

彼は小柄な選手なので、歩幅もおそらく90㎝程度

そのスピード生み出しているのは

ピッチ(回転数)

速い回転数を維持するには、

筋力が必要になります。

しかし、上半身の筋力だけでなく

上半身と下半身の連動

そして、連動して動く下半身の筋力

一朝一夕では、手に入るものではありません。

ウォーキングでサブ3をする能力には

力と技術、その両方が必要になるのです

Follow me!

関連記事

  1. 初心者競歩講習会の「使い方」
  2. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  3. ウォーカーズ!再放送決定 3月3日10:00~
  4. 筋肉だけは、速くなれない
  5. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  6. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【ウェーブ歩…
  7. ウォーキング 足の付け根 痛くなるという方
  8. 【歩く技術】を使ったウォーキング①
PAGE TOP
PAGE TOP