ブログ

1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。

指導をしている選手が、

本日開催された日本選手権20㎞競歩で、1時間18分23秒でゴール

1㎞を3分55秒のペースです。

マラソンなら2時間45分でゴールします。

ウォーキング(歩く)で、ですが(笑)

彼は小柄な選手なので、歩幅もおそらく90㎝程度

そのスピード生み出しているのは

ピッチ(回転数)

速い回転数を維持するには、

筋力が必要になります。

しかし、上半身の筋力だけでなく

上半身と下半身の連動

そして、連動して動く下半身の筋力

一朝一夕では、手に入るものではありません。

ウォーキングでサブ3をする能力には

力と技術、その両方が必要になるのです

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【時間がない…
  2. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
  3. 競歩選手 練習前写真から分かること
  4. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  5. 東京五輪、男子20㎞競歩の展望
  6. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
  7. 100kmウォーキングを食べる⑧ 世界のトップアスリートに学ぶ
  8. 「速さ」には、「楽」が必要
PAGE TOP
PAGE TOP