ブログ

男子20㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017

世界陸上2017男子20㎞競歩

1位バードスミス (オーストラリア)
2位藤澤(日本)
3位WANG KAIHUA (中国)

あまりにも混戦過ぎて、事前予想が出来なかった男子20㎞競歩
メダル争いのとなるであろう選手をリストアップしただけで、簡単に10人を超えてしまう。
レースの流れ、当日のジャッジ、

繊細な理由で順位が大きく変わる男子20㎞競歩は予想が非常に難しい

そんな中でも、1位にバードスミス選手を挙げた
今回の予想でキーポイントとなるのはイギリスの気候。
涼しいロンドンのでの世界陸上となると、高速タイムは必至。
1時間18分台決着は確実17分台前半まで行く可能性は大いにある。
そうなると、自己記録が遅い選手はメダル争いは厳しくなる

実はバードスミス選手、自己記録は特筆すべきほど速くはない
自己記録1時間19分37秒は、今季最速のWANG選手より2分近く遅い。
それでも彼には有り余る闘志、そして今季は38分台で10000mを歩いており、スピードの強化もなされた
闘志にスピードの両方が揃った今、金メダルにもっとも近い
2位には藤澤選手を挙げたい。
自分がコーチをしている選手を2位に推すのはどうかと思うが、ここまでのトレーニングの充実さは
藤澤選手にも大きな自信になっているはずだ。後輩の新井選手にメダルのさきを越されてモチベーションは高い
1時間17分台は出せるポテンシャルもありメダル争いは必至
3位はWANG選手を推す。この種目は中国は部類の強さを誇ってきた。前年五輪は1・2フィニッシュ。
ここでメダルを逃そうものなら、競歩大国中国に泥をぬる、メダル獲得は必須だ。

予想メダリストを脅かすのは
松永選手 (日本)安定感も高く、リオ五輪7位の実力はメダル争い
セルゲイ (ANA)救済で出場するロシアの選手。この種目、強国のロシアの期待を背負う
リンケ (ドイツ)安定感もスピードを兼ね揃える。ヨーロッパ開催では負けられない
高橋選手 (日本)課題のメンタル強化がどれだけされているか?スピードはNO1

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク 練習メニュー(最終回:まとめ)
  2. 2017世界陸上 メダルへの道④ テムズ川を30㎞を2時間30分…
  3. 自分の歩幅を知ることの重要性
  4. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたい…
  6. つい、感傷に浸る
  7. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期【距離歩】
  8. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑨ 総括その2
PAGE TOP
PAGE TOP