BLOG

ウォーキングブログ

競歩で2200mの高地合宿を1か月すると、成田空港でどうなるか?

現役の頃は、「高地トレーニング」が盛んでした。

私自身も一番標高が高いところでトレーニングは、4000m

メキシコでトレーニングでしたが、そもそもメキシコシティが2200mなので

十分に高地でしたが、さすがに富士山より高い場所、っとなると

さすがにトレーニングには慎重になりました。

 

事実、一緒にいった高校生は4000mでジョグをして

返り車の中は、低酸素状態で酷い頭痛に悩まされていました。

 

1993年にも中国・青海省での合宿でも3000mの高地1週間の合宿

どんなにトレーニングをしても60分で止めておきました。

 

当然ですが、低酸素ルームでトレーニングするのとは訳が違います

日常生活も低酸素でトレーニングも低酸素。

ご飯もメキシコの時は昼食は自炊だったので

空港で圧力鍋を買っていったのを覚えています。

空気圧が少ないため、普通の炊飯器だと十分にお米を炊くことができないので

圧力鍋でご飯を炊いていました。

 

最初の高地合宿1か月を終えて日本に帰国して

成田空港で降りったっとき、ジャンプしたら天井にあたるんじゃないか?

っと思うくらい身体が軽かったのを覚えています(笑)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 2019行橋別府100㎞ウォーク、12時間台ゴールの樋熊くん
  2. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  3. 現代 五輪における選手マーケット論 今、選手に求められもの 【序…
  4. ウォーキングでマラソンを完歩する!はランニングでマラソンを完走す…
  5. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  6. NHKの番組をサポート中
  7. 平日の昼間ですが、みなさまのご参加お待ちしています!
  8. 新型コロナウィルス対策 運動(ウォーキング)で免疫力を上げる方法…
<<
PAGE TOP