ブログ

競歩で2200mの高地合宿を1か月すると、成田空港でどうなるか?

現役の頃は、「高地トレーニング」が盛んでした。

私自身も一番標高が高いところでトレーニングは、4000m

メキシコでトレーニングでしたが、そもそもメキシコシティが2200mなので

十分に高地でしたが、さすがに富士山より高い場所、っとなると

さすがにトレーニングには慎重になりました。

 

事実、一緒にいった高校生は4000mでジョグをして

返り車の中は、低酸素状態で酷い頭痛に悩まされていました。

 

1993年にも中国・青海省での合宿でも3000mの高地1週間の合宿

どんなにトレーニングをしても60分で止めておきました。

 

当然ですが、低酸素ルームでトレーニングするのとは訳が違います

日常生活も低酸素でトレーニングも低酸素。

ご飯もメキシコの時は昼食は自炊だったので

空港で圧力鍋を買っていったのを覚えています。

空気圧が少ないため、普通の炊飯器だと十分にお米を炊くことができないので

圧力鍋でご飯を炊いていました。

 

最初の高地合宿1か月を終えて日本に帰国して

成田空港で降りったっとき、ジャンプしたら天井にあたるんじゃないか?

っと思うくらい身体が軽かったのを覚えています(笑)

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング、片麻痺の方でも楽しめる!10か月の軌跡
  2. 知ってますか?日本オリンピック委員会の使命
  3. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  4. 競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!
  5. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  6. 東京エクストリームウォーク 事前確認をしておきたい曲がるポイント…
  7. 寒さを味方につけて、ちょっと頑張ってみよう
  8. ウォーキング 時速7.4kmで歩く 変形膝関節症 女性 66才
PAGE TOP
PAGE TOP