ブログ

積極的にウォーキング大会・マラソン大会に今だからこそ出た方が良い理由

コロナ禍で大会も中止になり、

なかなか長距離をウォーキングする機会が少ない1年だったと思います。

 

スポーツ選手であれば、しっかりトレーニングをする時間を確保するので

大会が無くても実は練習不足になることはありません。

 

ただ、仕事をして趣味で行っている場合

【大会に出る】ということが実はとても重要なトレーニング機会です。

大会に出る機会(100㎞ウォーキング・マラソン大会など)が

極端に減り、長い距離を歩く・練習する機会が減り

いざウォーキング大会・マラソン大会に出たとなると、いつもより疲れた!っとなってしまうでしょう。

 

実際にUWTT(50㎞-100㎞イベント)に参加された方をみて

ベテランのウルトラウォーカー(100㎞以上を歩くウォーカー)の方も

季節外れの暑さもありましたが、ゴール後に疲労困憊している姿をみてそう思いました。

 

どんな大会でも良いので、積極的に「大会」に出て

「大会で歩く体力」を積極的に大会で積み上げていきましょう!

Follow me!

関連記事

  1. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
  2. マラソンで流行っている厚底シューズは、ウォーキングでも効果を発揮…
  3. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  4. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  5. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  6. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  7. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  8. 全日本マスターズ競歩で失格された方へ 競歩での失格は「汚点」では…
PAGE TOP
PAGE TOP