ブログ

競歩が五輪でメダルを獲るに学びたいこと

男子20㎞競歩は世界ランキング1・2・3を獲り

メダルの可能性が!とメディアから注目を浴びました。

鈴木選手が世界記録を出した時も、同様です。

しかし、今までそういう注目を浴びることが無かった競技が

そういう注目を浴びると、出場する選手のメンタルが追いついていない

という状況がおきます。

選手は戸惑いは個人差はありますが大きいなぁと。

上手く対応できる選手、と、そうでない選手が生まれてきます。

注目を浴びることの無かった種目が、成長するための

「必要不可欠な重圧」と捉えています。

選手はぜひ柔道の五輪代表選手のコメントをよく聞いて

自分のものにして欲しいです。

金メダルしか許さない、もし逃しても手ぶらでは帰れない

この凄まじい重圧と戦い・他国とも戦う、彼ら彼女らのスピリット

そこには大きなヒントと刺激に溢れています。

成長するために、学んで欲しい、と思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪50㎞競歩代表 川野将虎選手 世界ランキング5位 迷わず…
  2. トレーニングは、質なのか?量なのか?
  3. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑧ 総括その1
  4. イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴…
  5. 回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える
  6. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑨ 総括その2
  7. 東京五輪 競歩代表の記事から読み解く、メダルの可能性
  8. え、なんでその仲間分け? 保険の掛け金の区分
PAGE TOP
PAGE TOP