ブログ

競歩が五輪でメダルを獲るに学びたいこと

男子20㎞競歩は世界ランキング1・2・3を獲り

メダルの可能性が!とメディアから注目を浴びました。

鈴木選手が世界記録を出した時も、同様です。

しかし、今までそういう注目を浴びることが無かった競技が

そういう注目を浴びると、出場する選手のメンタルが追いついていない

という状況がおきます。

選手は戸惑いは個人差はありますが大きいなぁと。

上手く対応できる選手、と、そうでない選手が生まれてきます。

注目を浴びることの無かった種目が、成長するための

「必要不可欠な重圧」と捉えています。

選手はぜひ柔道の五輪代表選手のコメントをよく聞いて

自分のものにして欲しいです。

金メダルしか許さない、もし逃しても手ぶらでは帰れない

この凄まじい重圧と戦い・他国とも戦う、彼ら彼女らのスピリット

そこには大きなヒントと刺激に溢れています。

成長するために、学んで欲しい、と思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  2. ウォーキングで頼るべきは、ストライド(歩幅)か? ピッチ(回転数…
  3. ウォーキングトレーニングメニュー 初心者にも向いている「ビルドア…
  4. 正しいフォームを習得するための思考②
  5. え、なんでその仲間分け? 保険の掛け金の区分
  6. 通勤 ウォーキング 満員電車から途中下車しウォーキングしよう!
  7. 一般ランナー・ウォーカーとアスリートの違い 個人的見解ですが①
  8. 【レポート】ナイトウォーキング 東京タワーtoスカイツリー 20…
PAGE TOP
PAGE TOP