ブログ

競歩が五輪でメダルを獲るに学びたいこと

男子20㎞競歩は世界ランキング1・2・3を獲り

メダルの可能性が!とメディアから注目を浴びました。

鈴木選手が世界記録を出した時も、同様です。

しかし、今までそういう注目を浴びることが無かった競技が

そういう注目を浴びると、出場する選手のメンタルが追いついていない

という状況がおきます。

選手は戸惑いは個人差はありますが大きいなぁと。

上手く対応できる選手、と、そうでない選手が生まれてきます。

注目を浴びることの無かった種目が、成長するための

「必要不可欠な重圧」と捉えています。

選手はぜひ柔道の五輪代表選手のコメントをよく聞いて

自分のものにして欲しいです。

金メダルしか許さない、もし逃しても手ぶらでは帰れない

この凄まじい重圧と戦い・他国とも戦う、彼ら彼女らのスピリット

そこには大きなヒントと刺激に溢れています。

成長するために、学んで欲しい、と思っています。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング講習会(教室)、名古屋・新潟・大阪で開催します!!!…
  2. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
  3. 姿勢と重心は一つのもの
  4. 大山巡礼トレイル、翌日の 筋肉痛 状況
  5. 2017世界陸上 メダルへの道② いざ!ロンドンへ
  6. マスターズ陸上競歩で大幅自己記録&クラス別優勝
  7. 新井選手 なぜ一時、失格となったのか?そのポイントを解説
  8. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
PAGE TOP