ブログ

歩くという事

講習会では必ず説明していますが、

歩くという動作

つまり

ウォーキングは

必ず、片足で交互に自分の体重を支える

という事なのです。

 

当たり前すぎて

皆さん、あまり気にしません(苦笑)

けど、すごく大切なポイントです。

 

それを意識するだけでも

ウォーキングの「質」が変わってきます。

当たり前にできることを

当たり前と思わず

ちょっと、論理的にとらえてみてください。

Follow me!

関連記事

  1. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  2. メダル至上主義
  3. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ
  4. 講習会ウィーク!
  5. 講演会してきました!
  6. 中国で100kmを想う
  7. 速さ 地面と足との距離の重要性
  8. 坂下千里子さん 歩き方の見方
PAGE TOP
PAGE TOP