ブログ

歩くという事

講習会では必ず説明していますが、

歩くという動作

つまり

ウォーキングは

必ず、片足で交互に自分の体重を支える

という事なのです。

 

当たり前すぎて

皆さん、あまり気にしません(苦笑)

けど、すごく大切なポイントです。

 

それを意識するだけでも

ウォーキングの「質」が変わってきます。

当たり前にできることを

当たり前と思わず

ちょっと、論理的にとらえてみてください。

Follow me!

関連記事

  1. 五輪商標の厳しさ
  2. 初心者講習会 終了報告!
  3. 運動生理学からのトレーニングのアプローチ その2
  4. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
  5. 100㎞ウォーキング、サポート体制とスポーツ論
  6. ウォーキング 足の付け根 痛くなるという方
  7. メダル至上主義
  8. 筋肉だけは、速くなれない
PAGE TOP