ブログ

歩くという事

講習会では必ず説明していますが、

歩くという動作

つまり

ウォーキングは

必ず、片足で交互に自分の体重を支える

という事なのです。

 

当たり前すぎて

皆さん、あまり気にしません(苦笑)

けど、すごく大切なポイントです。

 

それを意識するだけでも

ウォーキングの「質」が変わってきます。

当たり前にできることを

当たり前と思わず

ちょっと、論理的にとらえてみてください。

Follow me!

関連記事

  1. 「速いスピード」と「長い距離」どちらが体への負担が大きいか?
  2. 寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?
  3. 全日本競歩能美大会、明日開催!東京五輪代表選手が欠場から見えてき…
  4. 3分45秒で1kmを「歩け!」
  5. 女子20㎞競歩 104回日本選手権 展望
  6. トップアスリートと一般的なアスリートの違い
  7. ウォーキングを始める動機の男女差
  8. 現代 五輪論⑤
PAGE TOP
PAGE TOP