ブログ

ウォーキングで頼るべきは、ストライド(歩幅)か? ピッチ(回転数)か?

ゆっくり歩く、という場合は
ストライド(歩幅)に頼るのが運動効果・効率とも高いです。
ストライドを広げることにより、身体を大きく使わなければならない

そして、

ゆっくり歩く、ということを前提にしているので、動作が遅くなる分

更に、

支持脚(地面に設置している脚)が、身体を支える時間が長くなる

 

脚筋力を鍛えるに充分なトレーニングとなります。

 

そもそも、歩幅を狭くして、ピッチで歩くのは身体動作としてあり得ません(笑)

 

スピードを出す場合は、ストライドとピッチ両方が求められます。
ある程度のストライドを確保しつつ、ピッチを上げる必要があります。

そのどちらかが欠けても、効率の良い身体動作とはいえません

 

男性と女性、ご夫婦とかカップルとかで歩く場合

どうしても、男性の方が大きい場合が多いので

女性は、少し頑張ってついていくことになります。

 

その場合は、

男性のピッチに合わせようとするのが、比較的楽についていける方法です。
ピッチを合わせようとする、自然とストライドも伸び

スピードが無理なく出せます。

ストライドを合わせようとすると、力任せになりがちで

必要以上に疲れてしまいます。

これは、レースでも同様です。

この人のペースに合わせて歩きたい・走りたい、という人がいたら

ピッチを合わせると比較的楽につくことができます。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  2. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  3. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  4. 【取材】読売新聞
  5. 速く 楽に ウォーキングするために テン6対策⑥ 足を運ぶ
  6. 2017年は・・・、皆さんに楽しんで喜んでもらうべく
  7. 通勤ウォーキング 新宿駅へ早朝ウォーキング&講習会
  8. 100kmウォーキングを食べる⑧ 世界のトップアスリートに学ぶ
PAGE TOP