BLOG

ウォーキングブログ

回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える

体力レベル・身体動作レベル(技術)を上げるには

どうしても、トレーニングが必要です。

 

特に体力レベルを上げるには、負荷の高いトレーニングが必要です。

しかし、自身の体力レベルに見合ったトレーリング量ではなく

多めのトレーニングをしてしまうと、リカバリーをしても

追いつかない(疲労がとれない)、という事があります。

 

リカバリーの知識を活用して、すべての事を完璧にこなしたとしても

その回復が追いつく量の疲労であれば良いのですが、

それでも疲労が残るという事は、トレーニング量が多いという事になります。

普通の方が、プロのアスリートと同じレベルのリカバリーをおこなう

っというのは、施設的にも金銭的に難しいと思います。

 

マッサージに、酸素カプセル、サプリメント、栄養指導・・・

まずは、継続してトレーニングができる

そのためには、身近で実践可能なリカバリーの範囲で

それが、追いつくトレーニング量を意識することが

とても大切です。

 

どうしても、疲れが残るという方は、

トレーニングを見直す、というのも立派なリカバリーです。

Follow me!

関連記事

  1. 2015年世界陸上北京大会  日本競歩初のメダル獲得!20㎞競歩…
  2. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  3. 東京五輪男子50㎞競歩代表 勝木隼人選手 世界ランキング11位 …
  4. GPSとウォーキングメジャー GPSの正確性
  5. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・後編
  6. 自分のウォーキングスピードの最大値を知る① 最速スピードの調べ方…
  7. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
  8. 2022世界陸上オレゴン大会 放送席から見た男子20㎞レビュー …
<<
PAGE TOP