ブログ

回復(リカバリー)を考える ④ トレーニングバランスを考える

体力レベル・身体動作レベル(技術)を上げるには

どうしても、トレーニングが必要です。

 

特に体力レベルを上げるには、負荷の高いトレーニングが必要です。

しかし、自身の体力レベルに見合ったトレーリング量ではなく

多めのトレーニングをしてしまうと、リカバリーをしても

追いつかない(疲労がとれない)、という事があります。

 

リカバリーの知識を活用して、すべての事を完璧にこなしたとしても

その回復が追いつく量の疲労であれば良いのですが、

それでも疲労が残るという事は、トレーニング量が多いという事になります。

普通の方が、プロのアスリートと同じレベルのリカバリーをおこなう

っというのは、施設的にも金銭的に難しいと思います。

 

マッサージに、酸素カプセル、サプリメント、栄養指導・・・

まずは、継続してトレーニングができる

そのためには、身近で実践可能なリカバリーの範囲で

それが、追いつくトレーニング量を意識することが

とても大切です。

 

どうしても、疲れが残るという方は、

トレーニングを見直す、というのも立派なリカバリーです。

Follow me!

関連記事

  1. 理屈を理解した上で、納得してそれを身体で再現したい! WEB競歩…
  2. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  3. 回復(リカバリー)を考える ③ たんぱく質の摂取
  4. ハンバーガーを売らないマクドナルドが世の中には実在する!
  5. 速く走れれば、速く歩けるのか?競歩選手に走らせた!!
  6. 1㎞を 3分55秒(時速15㎞)で歩くために。
  7. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
  8. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
PAGE TOP