ブログ

ウォーキング 足の付け根 痛くなるという方

ウォーキングをしていると、足の付け根が痛くなる

という声をたまに聞きます。

 

ウォーキングをよくしている人でも、

少し身体の使い方を意識して歩こうとするとなるようです。

 

考えられる理由として、

○身体の硬さ(股関節の硬さ)

○歩幅を前に広げる意識が強い

が、考えられます。

 

どうしても、身体の使い方を意識してウォーキングを

しようとすると歩幅は広がります。

 

その歩幅の広げ方を前に広げようとすると、

大腿四頭筋(足の前の筋肉)を使ってしまいがちになるので、

無理に可動域を広げると身体の硬い人は、

特に股関節を痛めやすくなります。

 

そして、その身体の硬さから、腰が前に出ないので

体重を受け止めるのが、腰ではなく股関節になってしまうので

余計に痛めやすくなるという事です。

 

足を前に出したときに、いくら綺麗に膝が伸びて

かかと接地がスムーズであったとしても、

足の付け根の部分が曲がっていたら、

どうしても体重を股関節で受け止めることになります。

 

体重を受け止めるのが、大きな筋肉であればあるほど

衝撃の吸収もでき、なおかつ前に進む力に変えられます。

 

大きく動かさなくても良いので、

腰で着地の衝撃を受け止める「歩く技術」を

身に着けることができれば、

身体の硬さは、あまり問題ではなくなります

 

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

 

ウォーキングplus競歩 WEB講習会はこちらをチェック→イベントカレンダー

Follow me!

関連記事

  1. 速いスピードでも景色を楽しむ重要性
  2. 400mリレーの銀メダルが高く評価されている3つのポイント
  3. 今月の目玉は!
  4. 抜くべきか?、つくべきか? その1
  5. 週末は、「テン6」! 駒沢公園に衝撃の事実が!!!
  6. 一般ランナー・ウォーカーとアスリートの違い 個人的見解ですが①
  7. 放送決定 新 ウォーカーズ~歩くことはスポーツだ~ 
  8. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
PAGE TOP
PAGE TOP