ブログ

ウォーキングで筋肉痛になるのか?

通常、筋肉痛になる場合は、

筋肉に大きな負荷が掛かる場合です。

 

「筋トレをする」「山道を登る」など、です。

上記のどちらも、重さが身体に負担を掛かり、

筋肉に伸張性収縮運動(つまり筋肉が伸ばされるような負荷の掛かり方)

によって、筋肉痛は起こりやすくなると言われています。

 

つまり、負荷がしっかり掛かっていないと起きない症状です。

 

通常、普通の歩行程度のスピードでは筋肉痛はおきません

※時間にもよりますが…

 

しかし、砧公園でウォーキング講習会をしたときに

後日、筋肉痛が起きて、びっくりした!

という連絡を頂きました。

 

ただ、ウォーキングしただけで、スピードもそれほど速くないのに・・・

という、ことでビックリされたようです。

 

筋肉痛が起きた理由は、

普段、ウォーキングするときに意識したことの無い

筋肉を意識できたことによって、使っていなかった筋肉も使えたという事

そして、

力を入れるポイントのメリハリが生まれ、緊張と弛緩が作れたので

意識した筋肉に負荷が掛かりやすかった、ということが挙げられるでしょう。

 

ウォーキングも、やり方・意識の仕方によっては

筋トレと同じように、筋肉痛は短時間でも起きるのです。

Follow me!

関連記事

  1. ハンバーガーを売らないマクドナルドが世の中には実在する!
  2. 世界陸上ドーハ大会 研ぎ澄まされた感性でスパート合戦を制すか! …
  3. 10㎞を時速9㎞でウォーキングに挑戦してみませんか?
  4. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期
  5. 自分の歩幅を知ることの重要性
  6. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  7. え、なんでその仲間分け? 保険の掛け金の区分
  8. 10㎞を時速6㎞でウォーキングの最初の壁
PAGE TOP