ブログ

ウォーキングで筋肉痛になるのか?

通常、筋肉痛になる場合は、

筋肉に大きな負荷が掛かる場合です。

 

「筋トレをする」「山道を登る」など、です。

上記のどちらも、重さが身体に負担を掛かり、

筋肉に伸張性収縮運動(つまり筋肉が伸ばされるような負荷の掛かり方)

によって、筋肉痛は起こりやすくなると言われています。

 

つまり、負荷がしっかり掛かっていないと起きない症状です。

 

通常、普通の歩行程度のスピードでは筋肉痛はおきません

※時間にもよりますが…

 

しかし、砧公園でウォーキング講習会をしたときに

後日、筋肉痛が起きて、びっくりした!

という連絡を頂きました。

 

ただ、ウォーキングしただけで、スピードもそれほど速くないのに・・・

という、ことでビックリされたようです。

 

筋肉痛が起きた理由は、

普段、ウォーキングするときに意識したことの無い

筋肉を意識できたことによって、使っていなかった筋肉も使えたという事

そして、

力を入れるポイントのメリハリが生まれ、緊張と弛緩が作れたので

意識した筋肉に負荷が掛かりやすかった、ということが挙げられるでしょう。

 

ウォーキングも、やり方・意識の仕方によっては

筋トレと同じように、筋肉痛は短時間でも起きるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期 練習メニュー
  2. 競歩式ランで学べる最大のポイント
  3. 歩く技術 全てはつながって、最後はかかと着地
  4. ウォーキング・競歩でスピードを出すときに、気を付けたいポイント
  5. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期から仕上げ期
  6. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編
  7. リオ五輪の陸上競技場
  8. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
PAGE TOP
PAGE TOP