ブログ

100kmウォーキングUWTT に想う・・・

無事に皆さんゴールすることが出来ました。

それが一番良かったです。

 

しかし、樋熊君も言ってましたが

長かった・・・

 

ママチャリで100㎞乗ることが、これほどしんどいとは(笑)

サポートで給水と着替えをもって、ずっと参加者の皆さんに

ついて周っていたので、実際は100㎞いじょうかと。

 

ですが、今回この企画をやって

参加して頂いた皆さんから、とても勉強をさせて頂きましたし

この100㎞UWTTが向かうべき方向性も、決まったなぁ、という印象です。

 

しかし、100㎞をウォーキングされる方の凄さは

自己完結できる、高い調整能力と自己管理能力。

これは競技スポーツをする人間にはあまりない感覚です。

 

競技スポーツの選手、特に陸上競技の選手は

例えればF1ドライバー、

つまり、周りのことは専門のスタッフがアドバイスをしたり

サポートをしてくれるので、とにかく試合にさえ集中してれば

良いという感じ。

 

ですが、今回参加して頂いた皆さんは、

100㎞では何を予準備すれば良いか?

自分にあっているものは何か?

どのタイミングで何を飲み、食べればよいか?

ということが、しっかり把握できていて

それを、ちゃんと自分のウェアのポケットにしまい

自由自在にセルフマネジメントしています。

 

準備・調整から実践と目的に対して自己完結しているのは

立派の一言。

 

しかも、終わったら「車を運転して帰ります」

と爽やかにお話しされ

「足でも運転中につったら・・・」と心配しましたが

いつものこと、と涼しい顔

 

しかし、その会話の横で

「私は歩いて帰ろうと思ってます」

との声。

ん?100㎞終わって歩いて帰る???

家がすごく近いのか?

「歩いて帰れます、10㎞もないので」

 

・・・

 

本当に、歩いて帰る後姿をみて

ママチャリ100㎞で疲れた言う自分を恥じたのは

言うまでもありません。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  2. 速くなる為に 必要な思考
  3. ウォーカーズ!再放送決定 3月3日10:00~
  4. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  5. 2017世界陸上 メダルへの道② いざ!ロンドンへ
  6. 正しいフォームを習得するために必要な思考①
  7. ウォーキングの視点を広げる大切さ
  8. ダラダラ、ウォーキングはもったいない
PAGE TOP
PAGE TOP