ブログ

坂下千里子さん 歩き方の見方

番組の最中に、ウォーキングの基本を指導しました。

TV的にはBeforeとAfterで紹介されていましたが

明らかにウォーキングのフォームが変わっていました。

 

それは、一般的なウォーキングで良いとされる

大きな歩幅や、大きな腕振りになっていたと思います。

 

しかし、ここで気を付けてもらいたいのは・・・

番組の中で私は一言も

「大きな歩幅で歩いてください」

「大きく前後に腕を振ってください」

とは言っていません。

実際に撮影の現場でも一言も発していません。

 

ただ、大きな歩幅・大きな腕振り、とい言うのは簡単ですが

「速く・楽にウォーキングするために、どういう身体の使い方をすれば、生まれるのか?」

という観点で伝えた結果で、あのフォームになりました。

 

目的は「大きな歩幅・大きな腕振り」ではありません。

「速く・楽にウォーキング」です。

そこがズレると、「歩く技術」が体感しにくくなります。

あくまでも、大きな歩幅・大きな腕振りは結果としてそうなるだけで

目的ではありません。

 

見事に坂下さんは、速く楽にでスカイツリーまでのウォーキングに

つなげてくれてました!

Follow me!

関連記事

  1. 五輪が残す本当のレガシー(遺産)とは・・・前編
  2. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  3. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
  4. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
  5. 新井選手 なぜ一時、失格となったのか?そのポイントを解説
  6. 自分のウォーキングを評価する①
  7. 100km ウォーキングを食べる② ガソリン満タンはどれぐらい?…
  8. 気をつけて、観て欲しいところ
PAGE TOP