BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングの視点を広げる大切さ

「テン6ウォーキングをしてなかったら、こんな見方はしなかったと思う」

60代の女性から言われた言葉です。

ご自身が「テン6ウォーキング」に挑戦をして、

テン6をクリアすることができました。

出来ないと思っていたのに、できたので喜びもひとしお。

そして、NHKBS1「ウォーカーズ」を見て

20㎞に挑戦をした女性レポーターが8時間以上もかかったことに

驚いたことが最初の言葉を生みだしました。

10㎞を1時間40分でウォーキングすることがテン6

そうなると、自分よりも若い30代の女性レポーターが

20㎞に8時間もかかったことが

不思議に思えたのでしょう

もし、この方がテン6ウォーキングに挑戦して、出来ていなかったら

20㎞に8時間もかかった女性レポーターに、同情をしていたかもしれません。

長い距離をウォーキングして大変だったね、と。

ですが、テン6ウォーキングによって、

だいたい自分が20㎞をウォーキングをしたら、どれくらいいけるか?

の予測がなんとなくつきます。

自分自身が「これぐらいはウォーキングできるだろう」という

基準値を作ることが出来た

だから、ウォーキングの見方が変わった、のです。

そりゃ、10㎞1時間40分でウォーキング出来れば、

もし、自分が20㎞をウォーキングしたとき、どんなに疲れても

8時間はかからない、というのは容易に計算できます。

こんな体験を多くの方にして欲しいなぁ、っと思ってます。

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上 メダルへの道② いざ!ロンドンへ
  2. ウォーキング・マラソン大会 参加費を考える
  3. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
  4. 【レポート②】テン6ウォーキングin駒沢公園
  5. 100km ウォーキングを食べる② ガソリン満タンはどれぐらい?…
  6. 決戦!最後の1枠 東京五輪50㎞競歩代表! どんなレースになるの…
  7. 寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?
  8. 競歩競技に求められる「体力的要素」
<<
PAGE TOP