ブログ

ウォーキングの視点を広げる大切さ

「テン6ウォーキングをしてなかったら、こんな見方はしなかったと思う」

60代の女性から言われた言葉です。

ご自身が「テン6ウォーキング」に挑戦をして、

テン6をクリアすることができました。

出来ないと思っていたのに、できたので喜びもひとしお。

そして、NHKBS1「ウォーカーズ」を見て

20㎞に挑戦をした女性レポーターが8時間以上もかかったことに

驚いたことが最初の言葉を生みだしました。

10㎞を1時間40分でウォーキングすることがテン6

そうなると、自分よりも若い30代の女性レポーターが

20㎞に8時間もかかったことが

不思議に思えたのでしょう

もし、この方がテン6ウォーキングに挑戦して、出来ていなかったら

20㎞に8時間もかかった女性レポーターに、同情をしていたかもしれません。

長い距離をウォーキングして大変だったね、と。

ですが、テン6ウォーキングによって、

だいたい自分が20㎞をウォーキングをしたら、どれくらいいけるか?

の予測がなんとなくつきます。

自分自身が「これぐらいはウォーキングできるだろう」という

基準値を作ることが出来た

だから、ウォーキングの見方が変わった、のです。

そりゃ、10㎞1時間40分でウォーキング出来れば、

もし、自分が20㎞をウォーキングしたとき、どんなに疲れても

8時間はかからない、というのは容易に計算できます。

こんな体験を多くの方にして欲しいなぁ、っと思ってます。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング講習会in代々木公園で想う 講習心得
  2. 理屈を理解した上で、納得してそれを身体で再現したい! WEB競歩…
  3. 本当に疲れないウォーキングはできるのか?
  4. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
  5. 初心者でも簡単に目指せるテン6(テンロク)
  6. 【訂正】本日19:00〜
  7. イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴…
  8. 正しいフォームを習得するために必要な思考①
PAGE TOP
PAGE TOP