ブログ

平昌五輪の閉会式を観て想う事

五輪を観て想うのは、やっぱり五輪は良いなぁ

っと、いう事です。

世界が一つになることが感じられ、日本の選手だけでなく

アスリート一人一人にドラマがあり、

それはすべての人に通ずる人生の縮図であり、

人間賛歌。

これが、東京に2年後に来ると思うとやはり楽しみしかありません。

 

ただ、閉会式の中継を観て想ったのは

「もっと韓国の歴史と伝統に触れたかった」

という感覚です。

 

DJにKポップ。五輪は世界発信の見本市みたいな部分はありますが

もっとその国しかない、独自性というものを観たかったなぁ

っと、単純に思いました。

 

Kポップより、「人面鳥」の方が記憶に鮮明に残りますからね

 

願わくは、東京五輪の開会式・閉会式は、

日本にしかないものを世界にしっかりと発信する

日本にしかできないものであって欲しいと、つくづく思います。

Follow me!

関連記事

  1. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
  2. 暑いからこそ、気を付けなければいけないこと
  3. 競歩 日本選手権20km 本日 ライブ中継
  4. ウォーキング 雨の日のマメ対策
  5. サッカー日本代表の代わりにボヤいてみました
  6. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  7. 男子20km競歩、スピード勝負の20km競歩、しかし、スピードが…
  8. 世界陸上ドーハ大会 蒸し暑い。。。
PAGE TOP